松本誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 誠(まつもと まこと、1883年明治16年)10月1日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚

経歴[編集]

東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区)出身[1]1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格[2]。朝鮮総督府属、内務部庶務課長、平安北道財務部長、同第二部長、慶尚北道第二部長、京畿道第二部長、忠清南道第一部長、同内務部長、全羅北道内務部長、京畿道内務部長を歴任した[1][2]。さらに財務局理財課長、鉄道局理事、専売局長を務め、1931年(昭和6年)に京畿道知事に就任した[1]

1934年(昭和9年)に退官した後は、朝鮮製錬株式会社社長、朝鮮金融組合聯合会長などを務めた[3]

戦後、公職追放となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 輓近大日本拓殖史 1934.
  2. ^ a b 人事興信録 1937.
  3. ^ 人事興信録 1943.
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』194頁。

参考文献[編集]

  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(下)』人事興信所、1937年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。 
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。