松本巍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 巍(まつもと たかし、1891年2月11日 - 1968年1月27日)は日本の植物病理学者である。台湾の農作物の疾病の研究と防除に功績があり、第二次世界大戦後も国立台湾大学農学院教授として働いた。

略歴[編集]

東京銀座に生まれた。東北帝国大学農科大学(現・北海道大学農学部)を卒業後、カリフォルニア州立大学ワシントン大学などに留学、1921年から盛岡高等農林学校の教授となった。1924年に農学博士となった。1926年に台湾に招かれ、イギリスドイツなどに留学後、1929年台北帝国大学教授および付属農林専門部教授として赴任し、植物病理学を教えた。台湾の農作物の病害の研究と防除に努め、日本敗戦後も台湾に留まり、国立台湾大学農学院教授として働いた。1965年に退官、台湾大学名誉教授となった。1966年から台湾糖業試験所の顧問を務めた。1967年、日本政府から勲二等旭日重光章を受勲した。

1968年、死去。

参考文献[編集]