松本南海雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 南海雄(まつもと なみお、1943年3月4日 - )は、日本実業家薬剤師マツモトキヨシホールディングスの会長。日本チェーンドラッグストア協会名誉会長・常任理事。 千葉県出身。日本大学理工学部薬学科卒(現日本大学薬学部)。旭日小綬章

人物・略歴[編集]

マツモトキヨシの創業者である松本清の次男として生まれる。元社長で衆議院議員を務めた松本和那は兄、マツモトキヨシHD社長の松本清雄は長男に当たる。

高校生のとき、和那が勘当されて駆け落ちしたため(後に許される)、文系志望だった南海雄が急遽、跡継ぎとして理工学部薬学科(日本大学)に進学させられたというエピソードがある[1]。和那が社長の傍ら県会議員や国会議員でもあったため、副社長時代にマツモトキヨシの実質トップとなっており、2001年2月に正式に社長に就任している。

2007年10月1日からは、マツモトキヨシHDの社長も兼務。さらにその後、HDの会長兼社長に就き、不採算店の収益改善などの改革を主導。2014年4月1日には改革に一定の目途がついたため、代表取締役会長専任となる[2]

2015年春の叙勲で旭日小綬章受章。

脚注[編集]