松木正利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松木 正利(まつのき まさとし、1933年(昭和8年) -2018年(平成30年) )は、日本園芸家ダリア研究家、東北ダリア作出家協会会長、鶴岡ダリア研究会会長、元荘内日報社編集局長

人物[編集]

庄内農業高等学校在学中にダリアの研究を始め、卒業後は、農業荘内社『農業荘内』主幹、荘内日報社編集局長経て、1952年に「鶴岡ダリア研究会」を発足させて会長に就任、1956年には「東北ダリア作出家協会」を発足して会長に就任し、協会本部を自宅に置いた。

1947年から1965年までの間に、種苗商によって発表・発売された4874品種の全品種を、植物学者芳賀卓(現・北海道教育大学名誉教授)と共に、カードに書き込んで「ダリア・リスト」を完成させた。

2000年には、第43回高山樗牛賞受賞を受賞した。

2018年6月18日、死去。

略歴[編集]

  • 1933年(昭和8年)、山形県鶴岡市に生れる。
  • 1952年(昭和27年)、山形県立庄内農業高等学校卒業
  • 『農業荘内』主幹に就任。
  • 荘内日報社の編集局長に就任。
  • 論説委員長に就任。
  • 1952年(昭和27年)、「鶴岡ダリア研究会」を発足して会長に就任。
    • 9月、第1回鶴岡ダリア名花展を開催。
  • 1956年(昭和31年)、「東北ダリア作出家協会」を発足して会長に就任し、本部を自宅に置く。
  • 植物学者芳賀卓とともに、「ダリア・リスト」を作成する。
  • 2000年(平成12年)、第43回高山樗牛賞受賞。
  • 2018年(平成30年)6月18日、死去。

著作物[編集]

  • 『最新園芸大辞典』 第2巻 - ダリア属 1968年 誠文堂新光社
  • 『花々片々』 1998年 荘内日報社

受賞歴[編集]

  • 第43回高山樗牛賞

参考資料[編集]