松平里子 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 里子(まつだいら さとこ、1896年明治29年)7月31日 - 1931年昭和6年)9月22日)は大正昭和期のソプラノ歌手。本名:松平 佐登子旧姓:岩田)。

経歴[編集]

東京都出身。1921年大正10年)東京音楽学校卒業。昭和のはじめ内田栄一が主宰するヴォーカルフォア合唱団に参加。NHKラジオで放送していた「放送オペラ」では1927年1930年の第一次放送にレギュラーとして出演していた。ヴォーカルフォア合唱団で同じく女流歌手だった佐藤美子を大変かわいがっていた。1930年に日本楽劇協会公演のオペラ「お蝶夫人」で主演を務めた。日本ビクター専属の歌手としてレコーディングも行っていた。

1931年、夫の松平博と共にイタリア留学した。イタリアでは、渡邊光児玉義雄中川牧三佐藤千夜子関屋敏子菊池綾子らと知り合い、ミラノ藤原義江邸に滞在していた。しかし病に倒れ、藤原義江の妻・藤原あき子の懸命の看護によって一時はレッスンを再開するまでに回復するも、9月22日に35歳で客死した。

外部リンク[編集]