松平氏信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 氏信(まつだいら うじのぶ、慶長18年(1613年) - 天和3年6月16日1683年8月8日))は、江戸幕府旗本形原松平家松平家信の四男。通称、大学、修理。官位は従五位下、修理亮、内蔵允、左馬允、民部少輔、伯耆守。号は意休。室は久貝正世の娘。子女に松平氏清八兵衛久貝正世養子、早世)、伊奈宗英室、本多重寛室、渡辺方綱室、久貝正方久貝正世養子)、松平氏辰松平高重徳川光圀に仕える)、能勢頼方室、遠藤常就室。ほかに寛政重修諸家譜には記載ないが施薬院宗屋室。

寛永2年(1625年)将軍徳川家光に拝謁する。中奥御膳番、書院番、西城小姓組番頭、将軍徳川家綱の書院番頭、大番頭、側衆を歴任する。父の遺領2000石を合わせ武蔵国下総国に計6000石を領した。延宝5年(1677年)に致仕し、天和3年(1683年)に71歳で死去した。法名は覚涼院殿。墓所は牛込にある法正寺。家督は、長男の氏清が病気により継承を辞退していたため、四男の氏辰が継いだ。