松平斉省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平斉省
時代 江戸時代後期
生誕 文政6年1月28日1823年3月10日
死没 天保12年5月16日1841年7月4日
改名 紀五郎(幼名)、斉省
戒名 隆章院殿普協誼禮大居士
官位 従四位上侍従大蔵少輔少将
武蔵川越藩世嗣
氏族 徳川将軍家越前松平家支流前橋松平家(結城家)
父母 徳川家斉本輪院
松平斉典
兄弟 清湛院徳川家慶徳川敦之助峰姫
徳川斉順浅姫徳川虎千代、元姫、
徳川斉明、文姫、徳川斉荘、盛姫、
池田斉衆溶姫、和姫、斉民末姫
喜代姫徳川斉温斉良、永姫、
徳川斉彊斉善蜂須賀斉裕斉省
斉宣、泰姫ら26男27女
松平直温娘・鉚
池田斉政
テンプレートを表示

松平 斉省(まつだいら なりさだ)は、江戸時代後期の武蔵国川越藩の世嗣。官位従四位上侍従大蔵少輔少将

生涯[編集]

11代将軍徳川家斉の二十五男として誕生。12代将軍・徳川家慶の異母弟。正室は松平直温娘・鉚、継室は池田斉政娘。

文政8年(1825年)、川越よりも実高の多い領地へ転封を画策していた川越藩主・松平斉典の養子となる。斉典には跡継ぎとなるべき男子があったが、それを抑えての養子縁組だった。

多額の借財を抱えていた藩財政を打開するため、斉典は大御所家斉の周辺に働きかけて国替えを画策した。幕閣のみならず、斉省の実母・お以登の方(本輪院)を通じて大奥にも工作し、出羽国庄内藩への転封を命ずる幕命を出すことに成功した。川越藩が庄内藩に転じ、庄内藩・酒井家は越後国長岡藩に、長岡藩・牧野家は川越藩に転封する三方領地替えと呼ばれる。しかし、思いがけず庄内領民の反対運動が起こり、大御所家斉と斉省が相次いで死去したため、幕命撤回という結末となり、転封は取り止めとなった。

斉省は世子として天保6年(1835年)に叙任したが、前述のように天保12年(1841年)に家督を継ぐことなく早世した。