松平斉良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平斉良
時代 江戸時代後期
生誕 文政2年10月24日1819年12月11日
死没 天保10年6月22日1839年8月1日
改名 徳之佐(幼名)→斉良
戒名 大智院殿晃山大居士
官位 上総介侍従
石見国浜田藩世嗣
氏族 徳川将軍家越智松平家
父母 父:徳川家斉、母:皆春院
養父:松平斉厚
兄弟 徳川家慶徳川敦之助徳川斉順
徳川虎千代徳川斉明徳川斉荘
池田斉衆斉民徳川斉温斉良
徳川斉彊斉善蜂須賀斉裕
斉省斉宣他多数
正室:松平斉厚の娘

松平 斉良(まつだいら なりよし)は、石見国浜田藩の世嗣。江戸幕府第11代将軍徳川家斉の二十男で、第12代将軍徳川家慶の異母弟にあたる。

上野国館林藩主・松平武厚の養子となり、武厚の娘を正室とする。元服し、父・家斉から偏諱を受けて斉良と名乗り、養父武厚も斉厚と改名した。天保7年(1836年)には斉厚が石見浜田に国替えとなったが、斉良は3年後の天保10年(1839年)に死去した。代わって高松松平家出身の武揚(正室は斉良正室の妹)が斉厚の養子となった。