松平忠張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠張(まつだいら ただはる、享保5年(1720年) - 元文3年4月19日1738年6月6日))は、伊勢桑名藩の嫡子。松平忠雅の六男。母は毛利綱広の娘。官位は従四位下飛騨守。

父・忠雅の六男ではあったが、嫡出(正室の子)だったため継嗣となる。享保19年(1734年)には徳川吉宗将軍の拝謁を賜った上、飛騨守に叙任されるも、家督相続前の元文3年(1738年)に早世した。代わって、庶兄の忠刻が嫡子となった。

法名は圓應元通乾龍院。