真田幸詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
真田幸詮
時代 江戸時代中期
生誕 正徳3年(1713年
死没 享保21年2月7日1736年3月18日
官位 従五位出羽
幕府 江戸幕府
信濃松代藩嫡子
氏族 真田氏
父母 父:真田信弘
兄弟 幸詮信安柳生俊峯繁信本多忠盈、娘(柳沢信鴻継室)、娘(一柳末栄継室)
正室:奥平松平忠雅の娘

真田 幸詮(さなだ ゆきあきら)は、信濃国松代藩嫡子

略歴[編集]

第4代藩主・真田信弘の長男。正徳3年(1713年)に信弘の嫡子として生まれた。享保12年(1727年)に徳川吉宗に初御目見するが、家督を継ぐことなく、享保21年(1736年)に早世した。代わって弟の信安が嫡子となり、のち藩主となった。