松平定知 (旗本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定知
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保2年(1645年
死没 宝永5年3月6日1708年4月26日
改名 吉五郎、定主
別名 大蔵、数馬、空賢
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家綱綱吉
三河刈谷藩世嗣
氏族 久松松平家
父母 父:松平定勝、母:永井尚政
兄弟 定知定清定澄松平定員正室、
女子、女子
松平定充松平定盈室、松平定爲[1]
養子:松平定盈[2]
テンプレートを表示

松平 定知(まつだいら さだとも)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本


略歴[編集]

三河国刈谷藩2万石を治めた松平定政の、長男として誕生した。母は永井尚政の娘。

2代藩主となるはずだったが、父の定政が慶安4年(1651年)に3代将軍・徳川家光の死去後、幕政に意見しさらに無届で東叡山寛永寺で遁世落髪したため、狂気の沙汰として改易された。定知ら家族も父に連座して蟄居させられ、定政の兄の松平定行伊予国松山藩)に預けられた。蟄居といえど定政には給米2千俵を与えられていたため、貧困していたような状態ではなかった。

寛文12年(1672年)に父が死去した後に江戸に召し返され、給米2千俵のうち1千500俵を与えられて寄合に列した。[3]元禄10年(1697年)に下野国安蘇郡で知行地1千500石を与えられ、弟の定澄と共に定政系の旗本久松松平家として存続した。


脚注[編集]

  1. ^ 松平定実の曽孫
  2. ^ 婿養子。大名永井尚庸の三男
  3. ^ 残る500俵は弟の定清に与えられ、旗本となった。ただし嗣子無く断絶している。三弟の定澄は本家の伊予国松山藩松平定直から分与を受けて同じく旗本。