松平定基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定基
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享4年2月17日1687年3月30日
死没 宝暦9年7月13日1759年8月5日
改名 巌松丸、岩松(幼名)→定基
別名 甘裳(号)
戒名 本国院実仙
墓所 愛媛県今治市国分山の松平家墓地
官位 従五位下、美作守、采女正
幕府 江戸幕府
伊予今治藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定陳、母:溝口重雄の娘
正室:松平直丘の娘(細川綱利の養女)
遊(松平定郷正室)
養子:定郷

松平 定基(まつだいら さだもと)は、伊予今治藩の第4代藩主。定房系久松松平家4代。

生涯[編集]

貞享4年(1687年)2月17日、第3代藩主・松平定陳の長男として生まれる。元禄13年(1700年)12月に従五位下、美作守に叙任する。元禄15年(1702年)、父の死去により跡を継いで采女正となる。藩政においては総社川の改修工事を行なうが、工夫たちに賃金を支給せず、無理な工事を行なったため、完成までには至らなかった。さらに藩内の士風が乱れたので粛清も行った。

享保17年(1732年)2月2日、従弟で婿養子の定郷に家督を譲って隠居し、宝暦9年(1759年)7月13日に死去した。享年73。