松平定休

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定休
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦2年7月25日1752年9月3日
死没 文政3年7月7日1820年8月15日
改名 吉十郎(幼名)→定奉→定休
別名 確翁(号)
戒名 龍徳院殿堅誉利天確翁大居士
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従五位下、内膳正、河内守
幕府 江戸幕府
伊予今治藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定温、母:岡(側室)
兄弟 定休常次郎幾五郎
富子(有馬允純室)、遥(遠山友随室)、鶴、金(堀田正穀室)
正室:松平定静の娘)
定剛金之丞定規定亨跡部良貞池田政行筍次郎弓気多正明釿次郎
衛(脇坂安董室)、浜(戸田氏倚室)、熊、銀(板倉勝官室)、歌、勝(天野昌凭室・後近藤用温室)、村、民(服部正邁室)、錦、鋭(岡部豊矩室)

松平 定休(まつだいら さだやす)は、伊予今治藩の第6代藩主。定房系久松松平家6代。

生涯[編集]

宝暦2年(1752年)7月25日、第5代藩主・松平定郷の長男・定温の長男として生まれる。父が宝暦12年(1762年)4月11日に早世し、祖父も宝暦13年(1763年)4月19日に死去したため、同年6月14日に嫡孫承祖して家督を継ぐ。明和3年(1766年)12月に従五位下、内膳正に叙任、後に河内守に遷任した。藩政においては明和5年(1768年)に後堀新田、寛政元年(1789年)に向掘新田など、新田開発を行なって農業生産の安定化に努めた。寛政2年(1790年)4月5日、長男・定剛に家督を譲って隠居した。

文政3年(1820年)7月7日に死去した。享年69。