松尾孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松尾孝之

松尾 孝之(まつお たかゆき、1890年8月5日[1] - 1946年5月25日[2])は、日本政治家衆議院議員(2期)。室蘭市長

経歴[編集]

北海道出身[2]1917年日本大学法律科卒[1][2]内務省警保局に勤め、夕張警察署長[1][2]を最後に1928年退官。同年夕張町長に就任した[1][2]1932年第18回衆議院議員総選挙で無所属で立候補して当選。当選後は立憲政友会に入った。その後2回立候補して落選、1937年第20回衆議院議員総選挙後に繰り上げ当選した。1942年翼賛選挙では非推薦で立候補して落選した。

戦後の1945年11月24日、室蘭市長に就任した[1]が、病のため1946年5月25日に死去した[注 1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、68頁では「5月22日」と記載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の歴代市長』第1巻、68頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』594頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 楠精一郎著『大政翼賛会に抗した40人 自民党源流の代議士たち』朝日新聞社、2006年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。