松尾元信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松尾 元信(まつお もとのぶ、1963年12月 - )は日本財務官僚

人物[編集]

神奈川県葉山町出身。東京学芸大付属高校[1]東京大学法学部卒業後、1987年4月大蔵省入省。徳山税務署長を経て、1995年国際金融局為替資金課課長補佐。1998年より主計官補佐として公共事業、国土交通の予算編成に携わる。2002年より6年間は内閣法制局参事官として法令解釈業務。2010年主計官として地方財政の予算編成を行う。2014年より金融庁に移り、2020年証券取引等監視委員会事務局長。2021年金融庁総合政策局長。2022年辞職。

略歴[編集]

  • 1987年4月 大蔵省入省(大臣官房文書課)[2][3]
  • 1989年 大臣官房付(留学)
  • 1991年7月 主計局調査課調査第三係長[4]
  • 1993年7月 広島国税局徳山税務署長
  • 1994年 大臣官房付兼内閣官房内閣内政審議室
  • 1995年 国際金融局為替資金課課長補佐
  • 1997年 主計局総務課課長補佐(企画)[5]
  • 1998年7月 主計局主計官補佐(公共事業第三係主査)
  • 1999年 主計局主計官補佐(建設係、公共事業第四係主査)
  • 2000年 主計局主計官補佐(国土交通第一、二係主査)
  • 2001年 財務省主計局主計官補佐(公共事業総括、第一、二係主査)
  • 2002年6月 内閣法制局参事官(第三部)
  • 2005年 内閣法制局参事官(第一部)
  • 2008年 財務省大臣官房企画官兼主計局厚生労働第一、二、三、四、五、六、七係[5]
  • 2009年 主計局主計企画官(調整担当)
  • 2010年 主計局主計官(総務、地方財政係担当)
  • 2012年 国際局為替市場課長
  • 2014年 金融庁総務企画局企画課長兼総務企画局企画課決済システム強化推進室長
  • 2016年 総務企画局参事官(信用担当)
  • 2017年 兼公認会計士監査審査会事務局長
  • 2018年 企画市場局参事官(信用・保険制度担当)兼公認会計士監査審査会事務局長
  • 2019年7月 総合政策局政策立案総括審議官
  • 2020年7月 証券取引等監視委員会事務局長
  • 2021年7月 金融庁総合政策局長

脚注[編集]

  1. ^ “神奈川県(1)” (jp). Mainichi Daily News. (2017年3月9日). https://mainichi.jp/articles/20170309/org/00m/010/028000c 2021年2月11日閲覧。 
  2. ^ https://tohmatsu.smartseminar.jp/static/upload/tohmatsu.smartseminar.jp/file/6804310/DM4100.pdf
  3. ^ 〔連続セミナー〕フィンテック・キャッシュレス化の進展に金融機関はどう対応すべきか(第3回) | 一般社団法人 金融財政事情研究会”. www.kinzai.or.jp. 2021年2月11日閲覧。
  4. ^ 官報 号外第130号』1993年8月3日発行
  5. ^ a b 『財務省名鑑 2019年版』時評社、2019年1月9日発行、292頁

リンク[編集]

先代:
天谷知子
公認会計士・監査審査会事務局長
2017年 - 2019年
次代:
井藤英樹
先代:
新設
金融庁政策立案総括審議官
2019年 - 2020年
次代:
井藤英樹
先代:
古澤知之
証券取引等監視委員会事務局長
2020年 - 2021年
次代:
油布志行
先代:
中島淳一
金融庁総合政策局長
2021年 - 2022年
次代:
栗田照久