東福寺 (渋谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東福寺
Tofuku-ji-7.JPG
東福寺(平成27年5月3日撮影)
所在地 東京都渋谷区渋谷三丁目5番地8号
位置 北緯35度39分28.18秒
東経139度42分23.60秒
座標: 北緯35度39分28.18秒 東経139度42分23.60秒
山号 渋谷山
宗旨 天台宗
本尊 阿弥陀如来兜建観音
創建年 承安3年(1173年)
開山 円鎮僧正
正式名 渋谷山親王院東福寺
文化財 木造薬師如来坐像(区指定有形文化財
銅造菩薩立像(区指定有形文化財)
木造不動明王立像(区指定有形文化財)
梵鐘(区指定有形文化財)
地図
東福寺 (渋谷区)の位置(東京都区部内)
東福寺 (渋谷区)
法人番号 7011005000449
テンプレートを表示

東福寺(とうふくじ)は、東京都渋谷区渋谷三丁目5番8号にある、天台宗寺院山号は渋谷山(しぶやさん)。

概要[編集]

渋谷山親王院東福寺は、1173年承安3年)円鎮僧正によって、武蔵国豊嶋郡谷盛庄(やもりのしょう)(『東福寺雑記』)といった現在地に開創されたと伝えられている。東福寺は開創当初から、隣接する金王八幡宮(渋谷八幡宮)の別当院で、渋谷区内最古の寺院である。

1500年明応9年)に村岡五郎左衛門重義が記したという『奥書』のある『金王八幡神社社記』によると、当寺の草創を1092年寛治6年)といい、1704年宝永元年)に鋳造された『東福寺鐘銘』には、後冷泉天皇の御代と記されているが、今からおよそ8~9百年も昔のことで、その草創の時代は「すでに伝説の世界と交錯している」といってもよい。

1092年寛治6年)、源義家が後3年の役の凱旋の途中この地に赴き、領主・河崎基家秩父妙見山に拝持する日月二流の御旗のうち、月の御旗を請い求めて八幡宮を勧請した。そのおり、939年天慶2年)の平将門の乱のとき源経基が宿泊したという家を改めて一寺となし、親王院と称して別当寺とした。これが東福寺の起立である[1]

沿革[編集]

伽藍[編集]

山門
本堂
客殿
書院
鐘楼堂
寺務所
本尊・阿弥陀如来
東福寺に安置されるご本尊・阿弥陀如来像は、慈覚大師の作と伝えられている。縁起によると、1202年(建仁2年)円證阿じゃ梨が当寺を中興した頃、1人の僧がたずねて来て、「一夜の宿も他生の縁なり、我日来所持する本尊阿弥陀如来は慈覚大師一刀三札の御作と言伝ふ、八幡の本地なれば当寺に納むへしと円證に附属し」だ尊像で、脇立ちの観音・勢至菩薩は上半身をややかがめる「来迎弥陀」形式をとっている。
矢捨観音
観音菩薩は、正しくは観世音菩薩観自在菩薩という。衆生が救いを求める声を聞くと、自在にこれを救うということで、衆生に悟りの法を説く如来に対して、衆生に現世利益の救済を施すといわれている。
兜建観音
源義家が常に陣中に奉持し、戦勝を祈願したと伝えられる十一面観音菩薩の尊像。観音菩薩は三十三に姿をかえて衆生のあらゆる願いにこたえるという。十一面観音は奈良中期頃からつくられたといわれ、十一面観音の名は、その像容が本面の上に十ないし十一の面をもつところからきている。
塩かけ地蔵尊
近世以降の石仏の中で最も多いのが地蔵尊。天空を象徴する虚空蔵菩薩に対し、大地の恵みを神格化した菩薩が地蔵菩薩。釈迦の入滅から弥勒仏が下生するまでの無仏時代に、衆生済度を受け持つ菩薩として、奈良時代の頃から信仰された。未法思想のさかんだった平安時代中期以降、地蔵信仰は津々浦々にまで広まったといわれている。
合掌地蔵尊
境内に安置される像高50cmほどの坐像の尊像で、宝珠錫杖はもたず合掌形をとっている。半生を地蔵尊研究に捧げた三吉朋十先生は、『武蔵国地蔵尊風土記』の「東京都城西地区地蔵尊」の中で、この地蔵をとりあげ合掌地蔵と名づけている。造立年代は不明。
栄範地蔵尊・栄傳地蔵尊
ともに左脚を立てた丸彫りの半伽像で、像高60cmほどの延命地蔵尊です。栄範栄傳享保から安永にかけて寺運隆昌に尽力した三十八世、三十九世の住職で、八幡社境内の鈴木雅可撰文の碑にその名を見ることができる。
灯籠地蔵尊
火袋のところに合掌する地蔵尊が刻された織部型の灯籠です。織部型灯籠(織部灯籠)は、戦国時代の大名・古田織部正重然(1543~615)が創案したといわれる灯籠で、キリシタン灯籠ともよばれる。その特徴は竿の部分にある。まず四角であること、台石を伴わず埋め込み式であること、竿の上部がふくらみ、わずかに十字になっていることなど。総高さ約150cm。現代の造立思われる。
子安薬師
薬師如来は、薬師瑠璃光如来とか大医王仏ともよばれ、東方瑠璃光世界の教主で、人間の病苦をいやし、内面の苦悩を除くなど十二の誓願をたてた如来。東福寺の薬師如来は、「義朝誕生の時竜宮より出現し、又頼朝尾張幡屋において出産の時も守護たりしとぞ。仏体に念珠をかけたり。世俗これを安産守護の念珠と唱へ。」たところから俗に子安薬師とよばれ、人びとの厚い崇信が寄せられた。
弁才天
弁才天は大弁天、妙音天、美音天ともいい、大弁財天女、略して弁天ともよばれる。もとは池・沼・川に詞られる水神・農業神だが、音楽や智恵の神となり、さらに鎌倉時代以降になると弁財天と表記され、福徳神の性格が強くなりのちには七福神に加えられた。東福寺の弁才天は「江戸弁財天百社参り」の第二十八番に数えられている。
閻魔大王
閣魔羅じゃ、閻魔とも記す。密教では焔魔天とよばれ延命除災の祈壽のおりの本尊とされている。一般には閻魔王、閻魔大王とよび、地獄で人間の生前における善悪を審判する大王と理解されているが、実は冥界(仏の世界)にあって、死者の罪業を審判する王は十人いるといわれる。閻魔大王は冠をつけてしゃくをもち、常に分怒の姿を示しているが、その本地仏は地蔵菩薩。正月16日と盆の16日を「閻魔の斎日」といい、東福寺の「おえんまさま」は門前に市が立つほど参詣人で賑わったと伝えられている。
庚申供養地蔵尊
庚申の信仰は、中国の古い道教の説で、人の体内にいる三尸の虫が、庚申の夜天に昇って天帝にその人の罪過を告げるため、生命を縮められるということから、庚申の夜は眠らずに言行を慎み、健康長寿を折念するという信仰になった。東福寺の庚申塔は舟型光背で、地蔵一尊と三猿が浮彫りされている。「奉造立地蔵菩薩現当二世能化文明2年庚寅 願主石塚云々」と刻まれている。

文化財[編集]

梵鐘(区指定有形文化財、昭和51年3月26日指定) 木造薬師如来坐像(区指定有形文化財、平成20年2月28日指定) 銅造菩薩立像(善光寺式阿弥陀如来脇侍像)(区指定有形文化財、平成20年2月28日指定) 木造不動明王立像(区指定有形文化財、平成26年11月4日指定)

歴代略譜[編集]

  • 開山 円鎮 養和元年2月7日示寂
  • 二世 承鎮 文治5年12月1日示寂
  • 三世 永鎮 建久6年3月6日示寂
  • 四世 永海 正治元年10月25日示寂
  • 五世 公謹 承元3年1月16日示寂
  • 六世 円證 建保6年8月9日示寂
  • 七世 光珍 建保4年10月7日示寂
  • 八世 覚弁 元仁元年2月13日示寂
  • 九世 忠弁 仁治3年9月29日示寂
  • 十世 忠海 仁治3年4月3日示寂
  • 十一世 邦恵 康元元年11月8日示寂
  • 十二世 恵城 文永9年8月27日示寂
  • 十三世 恵運 弘安10年5月11日示寂
  • 十四世 良運 弘安5年7月3日示寂
  • 十五世 良源 永仁2年2月20日示寂
  • 十六世 智隆 正和3年6月12日示寂
  • 十七世 智慶 正和元年4月26日示寂
  • 十八世 学慶 正中2年10月17日示寂
  • 十九世 公順 元弘元年12月26日示寂
  • 二十世 能證 康永3年1月23日示寂
  • 二十一世 季澄 貞和4年3月15日示寂
  • 二十二世 尊緑 於信州逝去
  • 二十三世 禅隆 長禄2年1月28日示寂
  • 二十四世 甲見 未知死所
  • 二十五世 栄山 未知死所
  • 二十六世 蓮心 未知死所
  • 二十七世 観政 天正10年10月於信州逝去
  • 二十八世 眞成 未知死所
  • 二十九世 秀円 慶長15年8月21日示寂
  • 三十世 慶順 寛永18年9月18日示寂
  • 三十一世 尊慶 天和元年6月2日示寂
  • 三十二世 尊忠 天和3年11月5日示寂
  • 三十三世 円雄 延宝4年3月15日示寂
  • 三十四世 晋海 貞享4年4月29日示寂
  • 三十五世 順海 貞享2年12月10日示寂
  • 三十六世 寛光 元禄5年9月6日示寂
  • 三十七世 慧順 宝永3年5月8日示寂
  • 三十八世 栄範 享保17年8月3日示寂
  • 三十九世 栄傳 安永2年1月10日示寂
  • 四十世 栄珠 寛政元年6月14日示寂
  • 四十一世 義龍 文化6年11月27日示寂
  • 四十二世 栄州 文化4年示寂
  • 四十三世 賢道 未知死所
  • 四十四世 観典 文化10年10月26日示寂
  • 四十五世 舜教 未知死所
  • 四十六世 栄癒 未知死所
  • 四十七世 祐眞 弘化4年2月25日示寂
  • 四十八世 静祐 未知死所
  • 四十九世 舜栄 慶応2年6月10日示寂
  • 五十世 亮光 品川常行寺にて逝去
  • 五十一世 宗円 正和3年8月8日示寂
  • 五十二世 宗諦 正和35年1月9日示寂
  • 五十三世 宗純

交通[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 清水宗純監修『渋谷山東福寺誌』東福寺の宗旨、東福寺の歴史、渋谷山親王院東福寺発行、1985年昭和60年)7月吉日。渋谷区立笹塚図書館、平成27年5月2日閲覧
  2. ^ 清水宗純監修『渋谷山東福寺誌』東福寺略年譜、渋谷山親王院東福寺発行、1985年昭和60年)7月吉日。渋谷区立笹塚図書館、平成27年5月2日閲覧

参考文献[編集]

  • 樋口清之田村善次郎編著者『渋谷の歴史・渋谷昔ばなし』渋谷氷川神社発行、1954年(昭和29年)11月15日。「東福寺の庚申塚」83頁、「東福寺の鐘銘」98頁、「東福寺」287頁。渋谷区立笹塚図書館、平成27年5月2日閲覧。
  • 清水宗純監修『渋谷山東福寺誌』渋谷山親王院東福寺発行、1985年(昭和60年)7月吉日。渋谷区立笹塚図書館、平成27年5月2日閲覧。

関連項目[編集]

付近

外部リンク[編集]

脚注[編集]