東理ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社東理ホールディングス
Tori Holdings.co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 5856
本社所在地 104-0028
東京都中央区銀座1-19-7
設立 2004年10月1日
業種 非鉄金属
事業内容 事業持株会社
代表者 福村康廣(代表取締役社長)
資本金 40億円(2016年3月)
売上高 連結192億76百万円(2016年3月期)
純資産 連結49億79百万円(2016年3月)
総資産 連結86億05百万円(2016年3月)
従業員数 連結408名(2016年3月)
決算期 3月
主要株主 福村康廣 26.16%(2013年3月)
主要子会社 #グループ会社の節を参照
外部リンク http://www.tori-holdings.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社東理ホールディングス(とうりホールディングス、: Tori Holdings.co.,ltd.)は東京都中央区に本社を置く事業持株会社東証二部上場。

概要[編集]

アルミダイカスト製品の製造を行う東京理化工業所(現:川金ダイカスト工業)の持株会社として設立され、酒類製造業、教育関連企業などを傘下に持つ。2016年8月、東京理化工業所を川金ホールディングスに譲渡し、ダイカスト事業から撤退。子会社ウィッツが運営するウィッツ青山学園高等学校において就学支援金の不正受給問題が発覚し、約2億円のコンサルタント料を受け取っていたことから2016年9月には東京地検特捜部による家宅捜索が行われた。

沿革[編集]

  • 1934年9月 - 東京理化工業所創業。
  • 1946年2月 - 株式会社東京理化工業所(現:川金ダイカスト工業)設立。
  • 1962年11月 - 東証二部上場。
  • 2004年10月 - 東京理化工業所の完全親会社として、株式移転により純粋持株会社の株式会社東理ホールディングスを設立。
  • 2005年5月 - 株式会社オリオンキャピタル・インベストメントを設立。
  • 2005年6月 - 山田酒販(現・ボン・サンテ)を子会社化。
  • 2005年10月 - 株式会社創研を子会社化。
  • 2005年11月 - 株式会社創育を設立、老松酒造株式会社を子会社化。
  • 2005年12月 - コブコ株式会社を子会社化(2006年12月に売却)。
  • 2006年1月 - 株式会社日本スウェーデン福祉研究所を子会社化。
  • 2006年3月 - 株式会社シャフトを設立。
  • 2007年3月 - 株式会社なごみ設計、株式会社エスジーエヌ、株式会社ウィッツ、株式会社プレイメイト(後のドリームマジック)の株式を取得し子会社化。
  • 2009年7月 - 株式会社ドリームマジックを売却。
  • 2014年4月 - 株式会社シャフト及び株式会社エスジーエヌを吸収合併。
  • 2016年9月 - 東理ホールディングスの元教育部長であり傘下の㈱ウィッツが運営するウィッツ青山学園高等学校の全国に40拠点あるうちの一つ、「四谷LETSキャンパス」が起こした就学支援金不正受給問題で元監査役が逮捕、東京地検特捜部により東理ホールディングス本社の家宅捜索も実施された[1]。この元監査役が起こした四谷キャンパス不正受給問題を発端に関東以外の都道府県の一部のLETSキャンパスが運営会社と健全な関係が保てないと判断しウィッツとの関係を解除。その他のLETSキャンパスも継続契約を保留している。
  • 2016年10月 - 東京理化工業所を川金ホールディングスに譲渡。ダイカスト事業から撤退。

グループ会社[編集]

  • 食品流通事業
    • 株式会社ボン・サンテ - 本社:東京都葛飾区。酒類や食品の小売・卸売を行う。
    • 株式会社グローバルフード&リカーサプライ - 本社:東京都葛飾区。酒類や食品の卸売を行う。
  • 酒類製造事業
  • 教育関連事業
  • その他事業
    • 株式会社オリオンキャピタル・インベストメント - 本社:東京都中央区。損害保険・生命保険の特約店業務を行う。
    • 株式会社なごみ設計 - 本社:横浜市中区。店舗・住宅リフォームアスベストの測定・除去業務を行う。
かつてのグループ会社

脚注[編集]

  1. ^ ウィッツ青山学園高等学校の運営会社「株式会社ウィッツ」元監査役を詐欺容疑で逮捕 東京地検特捜部

外部リンク[編集]