東勇路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あずま ゆうじ
東 勇路
東 勇路
1925年の写真。
本名 中島 勇(なかじま いさむ)
別名義 東 勇治
東 勇二
生年月日 (1902-03-15) 1902年3月15日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 福岡県八女郡北山村(現在の同県八女市立花町北山)
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1925年 - 1940年

東 勇路(あずま ゆうじ、1902年3月15日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7]。本名中島 勇(なかじま いさむ)[1][3]、芸名を東 勇治東 勇二とクレジットされた時期もあった[3][4][5][6]小笠原明峰率いる小笠原プロダクション創立時のスター俳優であり[1]日活に移籍後は、現代劇のバイプレイヤーとして知られた[3]

人物・来歴[編集]

1902年明治35年)3月15日福岡県八女郡北山村(現在の同県八女市立花町北山)に生まれる[1][3]

旧制・福岡県立八女中学校(現在の福岡県立八女高等学校)を卒業し、旧制・西南学院高等学部(現在の西南学院大学)に進学するが、中途退学し、1923年(大正12年)の小笠原プロダクションの設立に参加した[2]。学歴については、『世界のキネマスター』(報知新聞社)には、明治大学を卒業した旨の記述がみられる[1]。1925年(大正14年)3月5日に公開された『水兵の母』(監督小笠原明峰)に主演し、人気を得る[1][3][4][5]。1926年(大正15年)6月、同じく京都にある日活大将軍撮影所現代劇部に移籍した[2][3][4][5]。1928年(昭和3年)には、『イノック・アーデン英語版』を山本嘉次郎が脚本に翻案した『思ひ出の水夫』(監督田坂具隆)に主演、同作は同年10月5日に公開された[4][5][8]。前年に新設され、時代劇部が先に移転した日活太秦撮影所(のちの大映京都撮影所、現存せず)に、現代劇部も同年4月に移転しており、東も同様に異動した[4][5]

1935年(昭和10年)には、前年に買収した日本映画の撮影所を改称した日活多摩川撮影所(現在の角川大映撮影所)に現代劇部が移転しており、東も同様に異動した[4][5]。満38歳となった1940年(昭和15年)9月5日に公開された『米若の妻』(監督春原政久)を最後に、以降の出演記録が見当たらない[4][5][6]。時代は第二次世界大戦に突入し、以降の消息も不明である。没年不詳

フィルモグラフィ[編集]

クレジットはすべて「出演」である[4][5]。公開日の右側には役名[4][5]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7][9]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

小笠原プロダクション[編集]

すべて製作・配給は「小笠原プロダクション」、すべてサイレント映画である[4][5][6]

日活大将軍撮影所[編集]

すべて製作は「日活大将軍撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[4][5][6]

日活太秦撮影所[編集]

すべて製作は「日活太秦撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[4][5][6]

日活多摩川撮影所[編集]

すべて製作は「日活多摩川撮影所」、配給は「日活」、特筆以外はすべてトーキーである[4][5][6]

  • 乃木将軍』 : 監督池田富保、1935年1月31日公開 - 白井中佐
  • 三つの真珠』 : 監督重宗務、サイレント映画、1935年2月14日公開 - 父
  • 召集令』 : 監督渡辺邦男、部分発声版、1935年3月14日公開 - 大迫参謀、73分尺で現存(NFC所蔵[10]
  • 深夜の太陽』 : 監督倉田文人、サウンド版、1935年9月5日公開 - 小田善一郎
  • 魂を投げろ』 : 監督田口哲、サウンド版、1935年9月26日公開 - 伊澤の父、現存(新潮45DVD[11]
  • 少年靴屋』 : 監督伊賀山正徳、製作・配給日活、サイレント映画、1935年製作・公開 - お医者さん、38分尺で現存(NFC所蔵[7]
  • 爆音』 : 監督田坂具隆、1939年2月15日公開 - 美智子の父、84分尺で現存(NFC所蔵[7]
  • 空襲』 : 監督田坂具隆・森永健次郎、1939年3月1日公開 - 分団長
  • 女性の力』 : 監督伊賀山正徳、1939年6月15日公開 - 山本探偵、19分尺で現存(NFC所蔵[7]
  • キャラコさん』 : 監督渡邊恒次郎、1939年9月28日公開 - 宮田氏
  • 土と兵隊』 : 監督田坂具隆、1939年10月15日公開 - 荒川部隊長、119分尺で現存(NFC所蔵[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 報知[1925], p.320.
  2. ^ a b c 映画世界社[1930], p.127.
  3. ^ a b c d e f g 東勇路jlogos.com, エア、2013年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東勇路日本映画データベース、2013年3月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東勇路東勇治東勇二、日本映画情報システム、文化庁、2013年3月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 東勇路東勇二日活データベース、2013年3月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 東勇路東勇治東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月15日閲覧。
  8. ^ 思ひ出の水夫、日活データベース、2013年3月15日閲覧。
  9. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年3月15日閲覧。
  10. ^ シリーズ・日本の撮影監督 1、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月15日閲覧。
  11. ^ 新潮45 2011年5月号新潮社、2013年3月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]