村岡克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村岡克彦
生年月日 (1963-06-26) 1963年6月26日(56歳)
出生地 日本の旗 日本長崎県諫早市
身長 180cm
血液型 A型
職業 映画プロデューサー
音楽プロデューサー
ジャンル 現代劇映画
事務所

アット・ピクチャーズ

沖縄ピクチャーズ
主な作品
ペコロスの母に会いに行く
はなちゃんのみそ汁
テンプレートを表示


村岡 克彦(むらおか かつひこ、1963年6月26日 - )は日本の映画プロデューサー・音楽プロデューサー。長崎県諫早市出身[1]

略歴[編集]

長崎県立諫早高等学校卒業。福岡大学中退。コンサートイベンター、CDプロモーター等を20年余り務め、その間YUI絢香などのメジャーデビューにも深く関わる。

その後、映画プロデューサーとしての活動を始め、2013年製作した映画「ペコロスの母に会いに行く」(主演:赤木春恵)では、キネマ旬報日本映画ベストテン第1位、映画芸術ベストテン日本映画第1位、毎日映画コンクール日本映画優秀賞ほか国内外の映画賞を数多く受賞。(89歳にして映画初主演となった赤木春恵は、毎日映画コンクールにおいて女優主演賞を受賞、最高齢初主演としてギネスブックに登録された。)

2013年に最も著しい功績をあげた映画プロデューサーに贈られる藤本賞の特別賞を受賞する。

2015年映画「はなちゃんのみそ汁」(主演:広末涼子)を製作。(主演の広末涼子がハワイ国際映画祭において功労賞を、監督の阿久根知昭が上海国際映画祭アジア新人監督賞にノミネートされる)

同年11月 映画公開を前に不慮の事故により頚髄損傷を煩い、四肢麻痺という重い障害に襲われ再起不能と思われたが、必死のリハビリの末、一年後奇跡的な回復で退院。

2017年、福岡の糸島映画祭公開用映画「糸」をクラウドファンディングで制作。復活の足がかりを掴む。

2018年8月 ロスアンゼルスで開催されたJAPAN FILM FESTIVAL in LAにて、2015年公開「はなちゃんのみそ汁」が最も茶の間で観てほしい日本映画に贈られる「Japan Chanoma Award」を受賞、復活のレッドカーペットを歩く。

ドン底を味わった自らの闘病をテーマに、同じような障害からの復活を目指す方々への励みとなるべく講演などを各地で行っている。

2019年、沖縄にて喜劇の女王と呼ばれる仲田幸子さんを主演にした映画「なんくるないさぁ ザ★ムービー」を、首里城再建チャリティも兼ねた作品として製作中。


学校法人東放学園非常勤講師

フィルモグラフィー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

北の国から ベストセレクション~インストゥルメンタル -坂元昭二

受賞歴[編集]

  • 2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第一位「ペコロスの母に会いに行く」
  • 第69回毎日映画コンクール日本映画優秀賞「ペコロスの母に会いに行く」
  • 2013年映画芸術ベストテン日本映画第一位「ペコロスの母に会いに行く」
  • 2014年トロント日本映画祭最優秀グランプリ「ペコロスの母に会いに行く」
  • 第28回高崎映画祭最優秀作品賞
  • 第6回東京新聞映画賞
  • 第13回 Japan Film Festival in L.A. Chanoma Award「はなちゃんのみそ汁」
  • 第33回藤本賞 特別賞[4]

脚注[編集]

  1. ^ 村岡 克彦(むらおか かつひこ)”. entatsu.com. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ ペコロスの母に会いに行く”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ はなちゃんのみそ汁”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。
  4. ^ 第33回藤本賞に「永遠の0」市川南氏「心に残る映画送り出せた」と感慨”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。