村串仁三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村串 仁三郎(むらくし にさぶろう、1935年(昭和10年) 10月20日[1]- )は、日本の経済学者法政大学名誉教授。専門は労働経済学

略歴[編集]

東京に生まれる。1958年に法政大学社会学部(2部)を卒業し、1963年に同大学大学院社会科学研究科経済学専攻修士課程を修了、1969年に同大学院博士課程を単位取得後満期退学する。1969年に法政大学経済学部専任助手1970年助教授1980年教授に就任する。1982年に『日本炭鉱賃労働史論』で経済学博士(法政大学)を取得する[2]2006年3月、定年退職する。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『賃労働原論-『資本論』第一巻における賃労働理論』(日本評論社、1972)
  • 『賃労働理論の根本問題』(時潮社、1973)
  • 『賃労働政策の理論と歴史』(世界書院、1979)
  • 『明延鉱山労働組合運動史』(明延鉱山労働組合、1983)
  • 『孫育てイギリス留学日記』(崙書房出版、1995)
  • 『日本の鉱夫-友子制度の歴史』(世界書院、1998)
  • 『国立公園成立史の研究-開発と自然保護の確執を中心に』(法政大学出版局、2005)
  • 『大正昭和期の鉱夫同職組合「友子」制度-続・日本の伝統的労資関係』(時潮社、2006)
  • 『自然保護と戦後日本の国立公園-続『国立公園成立史の研究』』(時潮社、2011)

共編[編集]

  • 『レジャーと現代社会-意識・行動・産業』安江孝司, 法政大学比較経済研究所共編 (法政大学出版局、1999)

参考[編集]

  • 『自然保護と戦後日本の国立公園-続『国立公園成立史の研究』』

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 日本炭鉱賃労働史論