李彦宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李彦宏
Baiduの会長李彦宏
プロフィール
出生: 1968年11月17日
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 山西省陽泉市
職業: 百度会長兼CEO
各種表記
繁体字 李彦宏
簡体字 李彦宏
拼音 lǐ yànhóng
和名表記: り げんこう
発音転記: リー ヤンホン
英語名 Robin Li Yanhong
テンプレートを表示

李彦宏(り げんこう、拼音: lǐ yànhóng、英語名:Robin Li ロビン・リー、1968年11月17日 - )は、中国最大の検索エンジンであるBaidu, Inc.(バイドゥ、Baidu )の創業者であり、現会長CEO。2006年には米国のビジネス雑誌「Business Week」が選ぶ「ベストビジネスリーダー」の4位にランクインしている。

経歴[編集]

19歳の時に山西省陽泉市の全国普通高等学校招生入学考試で首席合格者(高考状元)となる[1]北京大学を卒業後、ニューヨーク州立大学でコンピューターサイエンス修士取得。卒業後は、Dow Jones&Company,Inc.やInfoseekに勤務。Infoseekでは検索エンジンの設計を担当。彼が開発したESP技術はInfoseek/GO.COM のサーチエンジンに応用されているほか、GO.COMの画像サーチエンジンも開発している。インターンシップ時代には米国松下電器産業で働いたこともあり、この経験が「人生を変えてしまうほどの大きなきっかけ」となったと語っている。

2000年1月1日、ベンチャーキャピタルからの120万ドル融資を受けてシリコンバレーより帰国し、Baidu, Inc.を設立した。 2001年8月には検索エンジンBaidu.comのベータ版を公開し、同年10月には正式版リリース。2005年には同社を米ナスダック上場へと導いている。

人物・その他[編集]

  • 2011年、2013年に中国本土で1番の資産家だった[2][3]
  • 容姿端麗[4]で優等生・秀才だったことは「宇宙人」(中国語で「外星人」[5])とも呼ばれる風貌で劣等生・落第生だったライバルの馬雲アリババ創業者)と比較されることも少なくない[6]
  • 「中国人はプライバシーより利便性を優先する国民性」と発言して物議を醸した[7][8]
  • 清華大学経済管理学院で顧問委員も務めている[9]

脚注[編集]

  1. ^ “盘点大佬高考:马云数学考1分李彦宏系高考状元- 地方联播”. 新華網. (2013年6月9日). http://news.xinhuanet.com/local/2013-06/09/c_124837111.htm 2016年7月18日閲覧。 
  2. ^ “<長者番付>中国は115人で米国に次いで2位、アジアの躍進目立つ―米フォーブス誌”. Record China. (2011年3月11日). http://www.recordchina.co.jp/b49860-s0-c30.html 2018年4月16日閲覧。 
  3. ^ “中国一の富豪が交代-百度の李彦宏氏が万達集団の王氏抜く”. ブルームバーグ. (2013年12月4日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2013-12-04/MX9GZ06KLVRT01 2018年4月16日閲覧。 
  4. ^ “女性にモテるハンサムな富豪たち (3)”. 人民網. (2014年9月2日). http://j.people.com.cn/n/2014/0902/c94659-8777245-3.html 2018年10月18日閲覧。 
  5. ^ アリババ・馬会長、北京の大気汚染に孫正義氏譲りの自虐ネタ「本当に宇宙人だったら・・・」”. サーチナ (2015年12月7日). 2018年4月19日閲覧。
  6. ^ “盘点大佬高考:马云数学考1分李彦宏系高考状元- 地方联播”. 新華網. (2013年6月9日). http://news.xinhuanet.com/local/2013-06/09/c_124837111.htm 2018年4月16日閲覧。 
  7. ^ 「中国人はプライバシーより利便性重視する国民性」 百度CEO”. AFPBB (2018年4月2日). 2018年4月16日閲覧。
  8. ^ 「アリババ、テンセントの2強時代は終わる」”. 日経BP (2018年4月16日). 2018年4月16日閲覧。
  9. ^ 清华大学经济管理学院-顾问委员会名单”. 清華大学経済管理学院. 2017年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]