杉本哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉本哲哉(すぎもと てつや、1967年8月19日 - )は、日本の実業家神奈川県横浜市出身。

株式会社マクロミル創業者。株式会社グライダーアソシエイツ代表取締役社長。社団法人経済同友会会員。早稲田大学名誉賛助員[1]

略歴[編集]

聖光学院中学校・高等学校早稲田大学社会科学部を卒業[2][3]

2000年 リクルートを退社し、インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)を行なう株式会社マクロミルを設立。代表取締役社長に就任。

2004年 東証マザーズへ上場を果たす。同年、創業・ベンチャー国民フォーラム主催 Japan Venture Award 2004 起業家部門で「中小企業庁長官表彰」受賞。[4]

2005年 東証一部へ市場変更。代表取締役会長に就任。同年、「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー JAPAN 2005 日本代表」を受賞。[5]

2006年 9月、取締役ファウンダーに就任。

2008年 4月、経済同友会 幹事に就任、消費問題委員会 副委員長を務めた。[6]

2009年 4月、法政大学ビジネススクール(大学院)客員教授に就任し、イノベーション・マネジメント研究科にて教鞭をとった。[7]

2009年 7月に株式会社マクロミルの代表取締役会長兼社長に復帰。[8]

2012年 2月、株式会社グライダーアソシエイツを設立し、代表取締役社長に就任。(現任)

2013年 12月にベインキャピタルTOB提案を受け入れ、2014年4月株式会社マクロミルは株式非公開化[9][10]、2014年7月委員会設置会社への移行に伴い、取締役会長に。

2015年 3月、株式会社マクロミル取締役会長を退任。[11]

2018年 4月、事業構想大学院大学 客員教授に就任。[12](現任)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 早稲田大学 早稲田キャンパス 2号館1階には、早稲田大学の校賓、維持員、栄誉賛助員、光輝賛助員及び名誉賛助員の銘板が掲示されている。銘板に向かって右側の柱、左から2番目・上から26番目に当人の氏名を実際に確認することができる。
  2. ^ 第102回 株式会社マクロミル 杉本哲哉”. 2018年9月6日閲覧。
  3. ^ 2018年9月12日に放映されたテレビ朝日「あいつ今何してる?」の「名門校の天才奇才卒業は今」というテーマの会にて「神奈川が誇る超名門・私立聖光学院の超奇才!」とのタイトルで聖光学院中学校・高等学校校長である工藤誠一により「40年間いろいろ生徒を見てきたがその中で非常に印象に残る生徒」として杉本哲哉があげられ数々のエピソードとともに紹介された。 https://www.tv-asahi.co.jp/aitsuima/backnumber_new/0083/
  4. ^ Japan Venture Awards(旧名称:創業・ベンチャーフォーラム) 表彰者一覧 (経営者のみ)”. 2018年4月16日閲覧。
  5. ^ 第5回 EY Entrepreneur Of The Year Japan 2005” (日本語). eoy.eyjapan.jp. 2018年4月16日閲覧。
  6. ^ 2008年(平成20年度)経済同友会 主要役員、委員会等幹部 名簿”. 2018年5月9日閲覧。
  7. ^ 法政大学ビジネススクール イノベーション・マネジメント専攻”. www.im.i.hosei.ac.jp. 2018年5月9日閲覧。
  8. ^ 株主プロ 【 マクロミル (3730) 有価証券報告書一覧ページ 】”. www.kabupro.jp. 2018年4月16日閲覧。
  9. ^ “なぜマクロミルはファンドに買われるのか | インターネット” (日本語). 東洋経済オンライン. (2013年12月25日). https://toyokeizai.net/articles/-/26995 2018年4月16日閲覧。 
  10. ^ “米ベイン系、マクロミルを513億円で買収 筆頭のヤフーも賛同” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL110R0_R11C13A2000000/ 2018年4月16日閲覧。 
  11. ^ 【人事】マクロミル創業者の杉本哲哉氏が退任 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議」『』。2018年4月16日閲覧。
  12. ^ 杉本 哲哉 | 事業構想大学院大学」『』。2018年5月9日閲覧。

関連項目[編集]