杉山清次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉山清次(すぎやま せいじ、1947年(昭和22年)4月17日 - )は、日本の銀行家。みずほ銀行元頭取、会長。

来歴・人物[編集]

岡山県出身。日本勧業銀行最後の入行組で、同期入行には、初代静岡市であった小嶋善吉筑邦銀行頭取を務める佐藤清一郎らがいた。また、入行年の10月に第一勧業銀行が発足した。新宿支店勤務時には、自ら開拓した融資先が倒産の憂き目に遭い、その債権を自力で回収したというエピソードをもつ。

2003年(平成15年)、みずほフィナンシャルグループ副社長に就任。しかし当時のみずほ銀行頭取である工藤正が病気により辞任を申し出たため、急遽同行頭取に就任した。前任者が第一銀行出身者だったため、旧一勧時代からの「たすきがけ人事」が続いているとの批判を受けた。その後会長を経て、2011年(平成23年)にはみずほフィナンシャルグループ特別顧問も退いた[1][2]。なお、2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、1億1100万円の役員報酬を受けていることが公表された。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “みずほ、3会長退任で調整 世代交代で統治力強化”. 共同通信. (2010年5月11日). http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051101000971.html 2013年10月19日閲覧。 
  2. ^ みずほフィナンシャルグループ特別顧問の退任について (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2011年6月10日). 2013年10月19日閲覧。
先代:
工藤正
みずほ銀行頭取(2002年-2013年)
第2代
次代:
西堀利
先代:
奥正之
全国銀行協会会長
2008年度
次代:
永易克典