西堀利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西堀 利(にしぼり さとる、1953年(昭和28年)3月2日 - )は、日本の銀行家フィデアホールディングス取締役会議長。みずほフィナンシャルグループ顧問。

人物・来歴[編集]

2009年4月1日、みずほ銀頭取に就任する[1]。2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、1億1400万円の役員報酬を受けていることが公表された。

就任直前のインタビューでは、預金融資の商業銀行のビジネスモデルに回帰し、バランスシートを使って収益を増やすなどと抱負を語り[2]2011年4月1日には全銀協会長の就任にも内定していたが[3]東日本大震災の直後に同行が大規模なシステム障害を引き起こしたため、金融庁から持株会社であるみずほFGと共に業務改善命令の発動を受けた。これを受け、経営責任を明確にする為、同年6月20日付で退任した[4][5]

2013年9月27日、同行が暴力団員らへの融資を放置していたみずほ銀行暴力団融資事件で、金融庁から業務改善命令を受けた件では、西堀ら当時の経営上層部が、問題を発覚当時から認識していたことが明らかになった[6]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “みずほFGの3トップが交代、前田社長の後任に塚本副社長”. ロイターニュース. (2009年1月16日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35908720090116 2013年10月19日閲覧。 
  2. ^ “インタビュー:バランスシート使うビジネスに回帰=みずほ銀次期頭取”. ロイターニュース. (2009年3月26日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-37185320090326 2013年10月19日閲覧。 
  3. ^ “みずほ銀頭取、4月1日付の全銀協会長就任を延期=奥・全銀協会長”. ロイターニュース. (2011年3月22日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-20175620110322 2013年10月19日閲覧。 
  4. ^ “みずほFGに厳しい業務改善命令 金融庁「メガバンクにお灸をすえる」”. J-castニュース. (2011年6月2日). http://www.j-cast.com/2011/06/02097307.html 2013年10月8日閲覧。 
  5. ^ “みずほ銀頭取の辞任発表 システム障害で引責”. 共同通信. (2011年5月23日). http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052301000568.html 2013年10月19日閲覧。 
  6. ^ “頭取自らウソをつく? みずほの経営体質、業務改善命令の連発も当たり前”. J-castニュース. (2013年10月8日). http://www.j-cast.com/2013/10/08185755.html 2013年10月8日閲覧。 
  7. ^ a b みずほフィナンシャルグループの役員異動のお知らせ (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2009年1月16日). 2013年10月8日閲覧。
  8. ^ 人事、フィデアホールディングス”. 日本経済新聞 (2016年5月12日). 2016年6月25日閲覧。


先代:
杉山清次
みずほ銀行(2002年-2013年)頭取
第3代:2009年 - 2011年
次代:
塚本隆史