杉内由美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉内 由美子(すぎうち ゆみこ)は、日本の警察官僚。

経歴[編集]

1993年、東京大学農学部を卒業し警察庁に入庁。静岡県警交通部交通規制課長、警視庁交通部都市交通対策課管理官、国家公安委員会会務官付補佐官、警察庁長官官房総務課長補佐、警察庁交通局交通指導課理事官、警察庁生活安全局少年課児童ポルノ対策官を歴任。

愛媛県警警務部長、大阪府警初の女性部長として大阪府警生活安全部長[1]経済産業省製造産業局化学兵器・麻薬原料等規制対策室長、埼玉県警警務部長などを経て、警察庁生活安全局生活経済対策管理官。

2019年、佐賀県警本部長[2]。同県警はもとより、九州の警察でも初の女性本部長[3][4][5]

2020年、福岡県太宰府市の女性暴行死事件で、佐賀県警が事件前に女性の家族から相談を受けながら事件化しなかった問題について、定例会見で触れ、「被害者の女性が亡くなられたことは大変重く受け止めている。本件を今後の教訓としたい」と述べた。[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大阪府警、初の女性部長 杉内由美子氏が内定”. www.chibanippo.co.jp. 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ 人事、警察庁”. 日本経済新聞 (2019年8月6日). 2019年8月19日閲覧。
  3. ^ 九州初の女性本部長・杉内由美子氏が佐賀県警に着任 「交通事故減の継続図る」と抱負|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE” (日本語). 佐賀新聞LiVE. 2020年4月17日閲覧。
  4. ^ 【ひと】九州の県警で初の女性トップ、杉内由美子佐賀県警本部長” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年4月17日閲覧。
  5. ^ ピープル:九州初の女性県警本部長 杉内由美子さん /佐賀” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月17日閲覧。
  6. ^ 相談しても事件化せず女性死亡 質問答えない県警本部長” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月22日閲覧。