本巣市立真桑小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本巣市立真桑小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 本巣市
設立年月日 1874年
共学・別学 男女共学
所在地 501-0466
岐阜県本巣市下真桑223-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

本巣市立真桑小学校(もとすしりつ まくわしょうがっこう)は、岐阜県本巣市の公立小学校

旧・本巣郡真正町の東部(上真桑、下真桑、軽海、十四条、宗慶、小柿)が校区である。

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年) -
  • 1883年(明治17年) - 知新学校、漸々学校、好問学校、教倫学校、真桑小学校が合併し、斬文学校となる。本校は旧・知新学校に設置され、第一出張所(旧・真桑小学校)、第二出張所(旧・教倫学校)、第三出張所(旧・好問学校)、分教場(旧・漸々学校)を設置する。
  • 1886年(明治19年) -
    • 真桑尋常小学校に改称する。
    • 第二出張所が分離独立し、政田尋常小学校(現・本巣市立弾正小学校)となる。
  • 1893年(明治26年) - 七五三村に七五三尋常小学校(現・本巣市立土貴野小学校)が出来、七五三村の生徒が移動する。
  • 1897年(明治30年) -
    • 小柿村、軽海村、宗慶村、十四条村、上真桑村、下真桑村が合併し、真桑村が発足。
    • 学校が再編され、旧・早野村の生徒は七五三尋常小学校へ移動。第一真桑尋常小学校(宗慶)、第二真桑尋常小学校(真桑)の2校となる。
  • 1902年(明治35年) - 第一真桑尋常小学校と第二真桑尋常小学校が合併し、真桑尋常小学校となる。現在地に移転。
  • 1941年(昭和16年) - 真桑国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 真桑村立真桑小学校に改称する。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 真桑村と弾正村が合併し、真正村が発足。同時に真正村立真桑小学校に改称する。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 町制施行により真正町となる。同時に真正町立真桑小学校に改称する。
  • 2004年(平成16年) - 本巣町、真正町、糸貫町根尾村が合併し本巣市が発足。同時に本巣市立弾正小学校に改称する。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]