本多洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本多 洋
Hiroshi HONDA
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-06-26) 1971年6月26日(47歳)
出身地 広島県広島市
ラテン文字 Hiroshi HONDA
身長 183cm
選手情報
所属 崇徳高等学校
役職 監督
ポジション WS
テンプレートを表示

本多 洋(ほんだ ひろし、1971年6月26日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、指導者。広島県広島市出身。ポジションはウイングスパイカー

崇徳高等学校バレーボール部監督。

来歴[編集]

崇徳高校、東海大学出身[1]。1993年大学4年次にはキャプテンを務め、大学四冠を達成した[2]

1994年4月、日本たばこ産業(JT)入社、JTサンダーズへ入団した。オールラウンダーなエースとして活躍するも、肩の故障の影響から1999年に引退、その後は社業に専念していた。[1]

その後退社し、崇徳高校教諭へ転身し、同校バレー部を指導している。2012年には全日本男子ユース代表監督に就任しアジアユース3位、翌2013年ユース世界選手権出場を獲得した[3]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b チームトピックス”. JT公式(Internet Archive). 2001年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  2. ^ 会報第18号 (pdf)”. 崇徳学園同窓会関東支部. 2010年9月17日閲覧。
  3. ^ 崇徳高の「師弟」世界へアタック ユース男子選手権27日開幕”. 中国新聞 (2013年6月25日). 2013年6月25日閲覧。

関連項目[編集]