木暮聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木暮 聡
木暮聡
基本情報
本名 木暮 聡
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-08-05) 1986年8月5日(33歳)
出身地 千葉県印西市
所属 リバーサルジム東京スタンドアウト
身長 174cm
体重 60kg(試合時)
階級 バンタム級
バックボーン 伝統空手
テンプレートを表示

木暮 聡(こぐれ さとる、1986年8月5日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県印西市出身。リバーサルジム東京スタンドアウト所属。

第2回東北アマチュア修斗選手権大会優勝、第7回中部アマチュア修斗選手権大会準優勝などアマで実績を挙げ、2011年1月10日、プロデビュー。リバーサルジム東京スタンドアウトから輩出された初めてのプロ修斗選手である。

経歴[編集]

2011年1月10日、プロ修斗デビュー戦となる2011年度新人王決定トーナメント1回戦で小蒼卓也と対戦し、1R、KO負け[1]

2011年3月27日、勝村周一朗主催のニコニコグラップリング~東日本大震災チャリティー大会~にて、水垣偉弥とグラップリングルールで対戦し、飛びつき式の三角絞めで一本勝ち。

2011年6月11日、プロ修斗フェザー級ワンマッチで岡田秀人と対戦し、1Rはハイキックでダウンを奪うなど優勢に試合を進めるが、2Rに追い上げられ、ドローとなった[2]

2011年10月1日、プロ修斗フェザー級ワンマッチでHAMAJIと対戦し、1R、腕ひしぎ三角固めによる一本勝ち[3]。右足首外側靭帯損傷という大怪我を押しての出場であった。

2012年2月25日、2012年度新人王決定トーナメント2回戦で北村潔と対戦し、途中バックを奪われたものの脱出し、三日月蹴りやパウンド等で攻め続け、判定3-0で勝利を収めた[4]

2012年6月30日、2012年度新人王決定トーナメント3回戦で佐久間健太と対戦し、判定負け。

2014年2月22日、プロ修斗フェザー級ワンマッチで誠と対戦し、判定負け[5]

2015年4月18日、プロ修斗フェザー級ワンマッチで岡田秀人と再戦。1Rと2R中盤まで打撃で優勢に試合を進めるが、2Rの最後にバックポジションを奪われ、ドローとなった

2015年5月31日、DEEP バンダム級(61.2kg)ワンマッチでしょうたと対戦。試合開始早々、相手の打撃にカウンターで胴タックルを合わせ、四つからの櫓投げでテイクダウン。ハーフポジションからサイドポジション、マットヒューズポジションと流れるようにポジションを奪取し、相手の両腕を完全に封じて、無防備な相手の顔面に1分以上パウンドを浴びせ続けてのTKO勝ち。得意の打撃を一撃も出さずに勝利を飾り、新たなファイトスタイルでも闘える事を証明した。2012年2月25日の北村潔戦以来の、3年3ヶ月振りの勝利で復帰を遂げた。

2015年9月12日、GRANDSLAM3でプロアマ無敗の韓国人選手、ジョン・ダウンを対戦。テイクダウンから終始相手をコントロールし、3-0の判定勝利を収めた。対戦相手のジョン・ダウンは、直後の試合でWARDOGバンタム級チャンピオンになっている。

2015年11月1日、PANCRASE 271で河村泰博. (和術慧舟會AKZA)と対戦し、腕十字による一本負け。

2016年3月19日、GRANDSLAM4で論田愛空隆(心技舘)と対戦し判定負け。

2017年2月5日、PANCRASE 284で長谷川孝司(パンクラス大阪稲垣組)と対戦し、3-0の判定勝ち。

人物・エピソード[編集]

  • 非常に文才があり、アマチュア時代から執筆を始めた公式ブログ 『はいどうも木暮です!総合格闘家的日常生活』は2007年から頻繁に更新されている。
  • 「ブログファイター」の異名も持つ。
  • 師匠である松根良太のもと、長いアマチュア期間を経てプロ昇格した姿に注目が集まり、格闘技雑誌GONGでプロ昇格時の姿が一面でクローズアップされる。アマチュア期間は4年。
  • 2012年4月に、練習中の事故で右耳の鼓膜を全損する。2013年7月に右耳の手術をするも、高音域の音が聞こえづらい後遺症が残る結果となった。
  • 2014年2月のプロフェッショナル修斗で、と対戦。1Rに被弾したパンチで、右目を眼窩底骨折。右目には後遺症が残る結果となった。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 1 3 0 2 0
5 1 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
しょうた 1R 1:40 TKO (パウンド) DEEP DEEP TOKYO IMPACT 2015 wave8 2015年5月31日
岡田秀人 5分2R終了 判定0-0 修斗 プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO GIG TOKYO Vol.19 2015年4月18日
× 5分2R終了 判定0-3 修斗 SHOOTING DISCO FINAL 2014年2月22日
× 佐久間健太 5分2R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.10
【修斗 2012年度新人王決定トーナメント3回戦】
2012年6月30日
北村潔 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 17
【修斗 2012年度新人王決定トーナメント2回戦】
2012年2月25日
HAMAJI 1R 0:54 腕ひしぎ三角固め 修斗 SHOOTING DISCO 16 〜Regeneration〜 2011年10月1日
岡田秀人 5分2R終了 判定1-1 修斗 SHOOTING DISCO 15 〜がんばろう!日本〜 2011年6月11日
× 小蒼卓也 1R 2:31 KO(パウンド) 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 01
【修斗 2011年度新人王決定トーナメント1回戦】
2011年1月10日

アマチュア総合格闘技[編集]

アマチュア戦績[編集]

総合格闘技 戦績
26 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 1 1 0 0 0 0
11 0 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 合島大樹 4分1R終了 判定18-21 第17回 全日本アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 2回戦】 2010年9月5日
六本木洋 4分1R終了 判定20-15 第17回 全日本アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2010年9月5日
× 田中路教 2R 2:40 腕ひしぎ十字固め 第7回 中部アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 決勝戦】 2010年6月12日
松原裕樹 1R 2:17 KO(ハイキック) 第7回 中部アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 準決勝戦】 2010年6月12日
橋本優大 4分1R終了 判定24-20 第7回 中部アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2010年6月12日
× 鳥越顕 4分1R終了 判定20-21 第16回 全日本アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2009年9月27日
× 佐久間健太 3分2R終了 判定39-30 第8回関東アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 決勝】 2008年7月6日
大里洋志 4分1R終了 旗判定2-1 第8回関東アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 準決勝】 2008年7月6日
宇都木正和 4分1R終了 判定20-17 第8回関東アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2008年7月6日
× 桑原悠 4分1R終了 判定19-18 第5回 東日本アマチュア修斗オープントーナメント【フェザー級 1回戦】 2008年12月21日
× 仲秀隆 4分1R終了 旗判定1-2 第5回 西日本アマチュア修斗オープントーナメント【フェザー級 3回戦】 2008年11月16日
増井亮太 4分1R終了 判定19-17 第5回 西日本アマチュア修斗オープントーナメント【フェザー級 2回戦】 2008年11月16日
× 中村好史 3分2R終了 判定40-37 大宮フリーファイト60【ライト級】 2008年10月19日
× 佐野博 4分1R終了 判定19-20 第15回 全日本アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2008年9月14日
桐田正人 3分2R終了 判定41-38 第2回東北アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 決勝】 2008年7月6日
小野島恒太 4分1R終了 判定20-18 第2回東北アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 準決勝】 2008年7月6日
久保慎太郎 1R 3:46 1本(腕ひしぎ十字固め) 第2回東北アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 2回戦】 2008年7月6日
中村浩 4分1R終了 判定20-18 第2回東北アマチュア修斗選手権大会【フェザー級 1回戦】 2008年7月6日
稲垣顕二郎 3分2R終了 判定40-38 第7回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント【フェザー級 決勝】 2008年5月6日
瀬谷崎将也 4分1R終了 判定24-21 第7回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント【フェザー級 準決勝】 2008年5月6日
辻田大祐 4分1R終了 判定23-18 第7回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント【フェザー級 2回線】 2008年5月6日
萩原幸太郎 4分1R終了 判定20-16 第7回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント【フェザー級 1回線】 2008年5月6日
瀬谷崎将也 3分2R終了 判定41-39 大宮FF 58【フェザー級】 2008年2月10日
× 横内好充 1R 1:36 1本(三角絞め) 東京フリーファイト6【フェザー級】 2007年6月30日
× 鳥越顕 4分1R終了 判定20-22 第7回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント【フェザー級】 2007年5月3日
× 鑑継亮太 3分2R終了 判定37-50 大宮FF 55【フェザー級】 2007年3月11日

獲得タイトル[編集]

  • 第7回 中部アマチュア修斗選手権 フェザー級 準優勝(2010年)
  • 第8回 関東アマチュア修斗選手権 フェザー級 準優勝(2009年)
  • 第2回 東北アマチュア修斗選手権 フェザー級 優勝(2008年)
  • 第7回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント 優勝(2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]