木川泰宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木川泰宏(きがわ やすひろ、1966年(昭和41年)10月8日-)は日本スタントマン、アクションスタントコーディネーター、医師、演出家。2010年にアクションスタントチーム「LYNX」を立ち上げている。また、現役の整形外科医であり、5つの医療系施設を運営している。

略歴[編集]

埼玉県飯能市出身。身長170cmO型。映画「グレートスタントマン」に深い感銘を受けスタントアクションを学び始める。
その傍、医師免許を取得し、現在では医療指導もできる殺陣師として重宝されている。実際に撮影現場で負傷した俳優をその場で治療したこともある。
様々な格闘技に関して深い知識を持ち、それを元にした独自の本格的なアクションを得意としている。また、アクション・格闘技を通し、地元の不良少年に礼儀を教え社会経験をさせることで、少年達の社会復帰活動を支援している。
2013年から2019年にかけ、ご当地ヒーローの特撮ドラマ「武蔵忍法伝 忍者烈風」の企画・原案・製作総指揮・監督・脚本等も手掛けている。
また「忍者烈風」と並行し、「妖ばなし」「Jヒーローズ 」「鎧勇騎 月兎」といった様々なテレビドラマのプロデュース・製作総指揮・監督・脚本等を務めている。

渋谷・道玄坂にある特撮カラオケBar『怪獣屋』の店長三宅敏夫とは同じアクションチームに所属しており、開店のきっかけなど、様々な面からサポートを行っている。

殺陣師の二家本辰巳は大先輩であり、また飲み仲間でもある。

人命救助[編集]

その幅広い行動範囲ゆえ、緊急事態に遭遇することが多いため人命救助に関して多くのエピソードが知られている。

  • アクションの練習中に通りかかった人が倒れたため、救急処置を行った。
  • 車で走行中、前方を走る車が事故で横転し車内から乗車していた人を救出した。
  • 通りがかった家の中から意識を失った老人を呼ぶ声がした。居ても立っても居られなず駆けつけると呼吸も停止していたため迅速に救命処置を施した。

資格・所属学会[編集]

整形外科専門医<日本整形外科学会>
麻酔科標榜医
身体障害者福祉法指定医師(肢体不自由)
日本人工関節学会会員
日本足の外科学会会員

出演作品[編集]

映画[編集]


テレビドラマ[編集]

OVA[編集]

テレビ作品[編集]

その他多数出演

コーディネート作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • ナツコイ
  • MM9-MONSTER MAGNITUDE-
  • 武蔵忍法伝 忍者烈風」 - 企画・原案・製作総指揮・プロデューサー・監督・脚本・撮影・アクションコーディネーター・烈風/雷デザイン
  • 妖ばなし」 - 原作・エクゼクティブプロデューサー・監督・脚本・撮影・機材協力・オフライン編集
  • Jヒーローズ」 - 企画・原作・製作総指揮・プロデューサー・総監督・監督・アクション監督・オフライン編集・脚本・撮影
  • 鎧勇騎 月兎」 - 企画・原作・製作総指揮・プロデューサー・総監督・脚本・撮影・オフライン編集

書籍[編集]

  • 「アクション・バイブル」 マール社 2002年 早瀬 重希,木川 泰宏 (共著)

雑誌特集[編集]

  • 「国際ジャーナル」 星雲社2004年9月
  • 「いきいきライフ No3」 日本ケミファ株式会社 2002年
  • 「Sportsmedicine No.43」 ブックハウス・エイチディ 2002年8月
  • 「DJ週刊仕事発見 No.623」 クリエイト 2003年9月
  • 「ホスピタウン」 日本医療企画 2003年10月、2004年4月
  • 「よくわかる整形外科 週刊ダイヤモンド別冊」 株式会社ダイヤモンド社 2012年9月

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

シブヤ経済新聞 http://www.shibukei.com/headline/6648/