木内千鶴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木内 千鶴子(きうち ちづこ)は日本漫画家イラストレーター香川県高松市出身。

概要[編集]

1957年にデビュー。貸本向け少女漫画を描いていたが、1960年代後半からは集英社専属となり、「週刊マーガレット」「別冊マーガレット」などに多数作品を提供した。ラブストーリーではなく、やや道徳的な感動の物語といった感じの作品が多く、大人気とまではいかないが根強いファンがいる漫画家だった。

1970年代後半に漫画家を廃業(休業?)、その後は地元の香川県でイラストレーターとして活躍し、個展も開いている。現在は、地元の専門学校と短期大学で後進の育成につとめている。なお、妹の木内佳寿子も漫画家だった。

主な作品[編集]

  • 天国が見つからない
  • ああ七島灘に眠る友よ!
  • 友情のひみつ
  • ノラをさがして!

外部リンク[編集]