木佐茂男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木佐茂男(きさ しげお、1950年- )は、日本法学者弁護士行政法学者島根県出身。九州大学名誉教授北海道大学名誉教授。

略歴[編集]

1973年島根大学文理学部法学科卒業。1978年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1978年近畿大学法学部専任講師。1982年北海道大学法学部助教授。1985年ドイツ連邦共和国(西ドイツミュンヘン大学留学(1987年まで)。1988年北海道大学法学部教授。1990年に博士(法学)(北海道大学)(学位論文「人間の尊厳と司法権 - 西ドイツ司法改革に学ぶ」)。1995年自治体法務合同研究会(呼称統一は後年)を創設。1997年ニセコ町広報公聴検討会議委員(座長)(2001年まで)、2000年九州大学大学院法学研究院教授、2008年北海道大学名誉教授。2001年高知県立法指針検討会顧問(2002年まで)、2004年福岡県弁護士会弁護士登録、弁護士法人九州リーガル・クリニック法律事務所入所。2005年台湾・司法院より司法改革への貢献により国賓として招待。2008年4月中国人民大学法学院客員教授。2009年5月九州大学主幹教授。2016年九州大学定年退職、九州大学名誉教授。2016年阿部泰隆賞受賞。現在、弁護士(向原総合法律事務所)。弁護士としての重要事件に、長崎県立大学教授懲戒停職事件(地位確認訴訟)がある。

専門[編集]

行政法学。特に行政救済法地方自治法や、自治体法務、裁判制度

著書[編集]

  • 『地方自治法の論点』(共著、有斐閣,1982年)
  • 『人間の尊厳と司法権』(日本評論社、1990年)
  • 『環境行政判例の総合的研究』(編著、北海道大学図書刊行会、1995年)
  • 『豊かさを生む地方自治;ドイツを歩いて考える』(日本評論社、1996年)
  • 『地方分権改革』(共著、法律文化社,2000年)
  • 『自治体の創造と市町村合併』(監修、第一法規、2003年)
  • 『分権の光 集権の影』(共編著、日本評論社、2003年)
  • 『わたしたちのまちの憲法―ニセコ町の挑戦』(共編著、日本経済評論社、2003年)
  • 『地方自治制度“ 再編論議” の深層~ジャーナリストが分析する~』(監修、公人の友社、2012年)
  • 『テキストブック現代司法[第6版]』(共著、日本評論社、2015年)
  • 『分権危惧論の検証 ― 教育・都市計画・福祉を題材にして』(共編、公人の友社、2015年)
  • 『地方自治の基礎概念 ― 住民・住所・自治体をどうとらえるか』(共編、公人の友社、2015年)
  • 『国際比較の中の地方自治と法』(日本評論社、2015年)
  • 『新版 自治体法務入門』(共編著、公人の友社、2016年)
  • 『司法改革と行政裁判』(日本評論社、2016年)
  • 『合併しなかった自治体の実際』(監修、公人の友社、2017年)

映画[編集]

  • 映画の原作と監修『日独裁判官物語』(1999年3月完成)(原作は学位論文 『人間の尊厳と司法権』)
次を受賞。平成11年度 文化庁優秀映画賞(短編映画部門)、1999年度日本映画ペンクラブ ノン・シアトリカ(非劇場)部門第1位、1999年度キネマ旬報ベスト・テン 文化映画第3位、第17回日本映画復興賞のうち、日本映画復興奨励賞

外部リンク[編集]