月光荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 月光荘画材店
GEKKOSO CO., Ldt.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座8-7-2永寿ビル1F・B1F
設立 1917年大正6年)
事業内容 絵の具など画材の製造及び販売等
代表者 日比康造社長
関係する人物 橋本兵藏(創業者)
外部リンク http://shop.gekkoso.jp/
テンプレートを表示

月光荘(げっこうそう)は、1917年(大正6年)創業の日本の画材店。店名は歌人与謝野鉄幹、妻の与謝野晶子と創業者 橋本兵藏が名付けた。

概要[編集]

1917年 東京・新宿区角筈にて創業。百坪の面積で中庭もあった。建築設計は藤田嗣治の監修によるもの。当時はフランスやイギリスからの輸入画材商としてスタートする。

1940年 疎開先の富山県宇奈月にてコバルトブルーの技法を発見。顔料から作られた純国産第一号の絵の具を誕生させる。

1948年 戦争で新宿のお店はすべて焼けたが、銀座・泰明小学校前にて3坪に満たない小さなお店として再出発。

1952年 チタン製の油絵の具「チタン・ホワイト」の製造に成功。猪熊弦一郎による要望から生まれた。

1960年 月光荘ピンクと呼ばれるコバルト・バイオレット・ピンクを発明。

2006年 現在の銀座8丁目、花椿通り沿いに店舗を移転。

2008年 月光荘スケッチブックの「ウス点」が、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。1センチ四方の点が打ってある「ウス点」は、月光荘のお客様だった松下電器創業者の松下幸之助氏の依頼に応じた製品。

2013年 「月光荘サロン・月のはなれ」オープン。

2014年 月光荘アルミパレットが、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。


歌人の与謝野鉄幹、晶子夫妻が、創業者の故橋本兵藏を可愛がり、「大空の月の中より君来しや ひるも光りぬ夜も光りぬ」と詠んで「月光荘」と名付けたのが由来。トレードマークは「友を呼ぶホルン」。自社工場にて絵の具や筆を製造し、世界で唯一オリジナル製品のみを扱う画材屋。



脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]