暉峻義等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

暉峻 義等(てるおか ぎとう、1889年9月3日 - 1966年12月7日)は、日本の生理学者産業医学者。日本における「労働科学」の創設者として知られる。

略歴[編集]

兵庫県高砂生まれ。鹿児島第七高等学校造士館卒業後、1910年東京帝国大学に入学。東京帝国大学医科大学生理学科卒。永井潜に学び、1916年警視庁の依頼で「細民街」を調査する。1919年大原社会問題研究所に招かれ、紡績女工・労働者・農民・開拓民の生活・栄養の調査を行う。暉峻が主宰した同研究所の労働衛生部門は、のち彼の下で倉敷労働科学研究所として独立し、その後東京に移転して日本労働科学研究所(労研)と改称、財団法人化した。

戦時期には労研を大日本産業報国会(産報)の附属研究機関として存続させることに腐心し、産報理事や大政翼賛会国民運動局長を務めた。戦後は労働科学研究所(現在の名称)と改称された労研の所長となり同研究所の再建に当たったが、先述した戦時期の経歴がわざわいして1948年以降公職追放該当者に指定され所長辞任を余儀なくされた[1]

追放解除後、労研顧問(1952年)となり、健康社会建設協議会理事長(1950年)、アジア産業保健会議事務総長(1955年)等を務め、1961年から1964年まで日本大学理工学部教授となった。しかし1962年脳軟化症を発病、1966年その発作により死去した。享年77。

家族[編集]

農業経済学者で農協・農業問題研究所所長の暉峻衆三1924年-)は義等の次男、生活経済学者で埼玉大学名誉教授の暉峻淑子(いつこ、1928年-)は衆三の妻である。

エピソード[編集]

暉峻という彼の名字は難読で、戦前、地方視察のさい現地の新聞が「暉峻義等来る」とすべきところを「暉峻義」(きしゅんぎ)という名のアジア人が視察に来たものと誤解し「暉峻義ら来る」と報じたことがあったという[2]

著書[編集]

  • 乳児死亡の社会的原因に関する考察 大原社会問題研究所出版部 1921
  • 産業疲労 金原商店 1925 (横手社会衛生叢書)
  • 社会衛生学 吐鳳堂書店 1927
  • 産児調節論 春秋文庫 1930
  • 労働科学論 桐原葆見共著 社会・経済・統計研究叢書 第7巻 巌松堂書店 1933
  • 労働と栄養 農村の栄養状態改善について 農村更生協会 1935
  • 労働時間問題 関東産業団体聯合会事務所 1937 (社会労働問題講演集)
  • 新生活運動の指標を語る 佐藤新興生活館 1938
  • 生産と労働 科学主義工業社 1938
  • 人的資源研究 戦時・準戦時経済講座 第11巻 改造社 1938
  • 産業と人間 労働科学の回顧と展望 理想社 1940
  • 労働力の再編成 科学主義工業社 1940
  • 日本労働科学研究所の現状 日本労働科学研究所 1940.6
  • 勤労と文化 科学主義工業社 1941
  • 産報の理念と実践 特に生産技術者諸君に対して 東京産業報国会 1941 (産業報国運動資料)
  • 最低生活費の研究(編)大阪屋号書店 1943 (労働科学叢書)
  • 賃金算定に関する労働科学的見解(編)大阪屋号書店 1943 (労働科学叢書)
  • 開拓科学生活図説(編)大阪屋号書店 1942-1943 (労働科学研究所報告)
  • 青少年の勤労生活観(編)労働科学研究所 1943 (労働科学叢書)
  • 農業の労働科学 全2冊 国土社 1952
  • 暉峻義等博士と労働科学 暉峻義等博士追憶出版刊行会 1967
  • 健康な社会をつくるために 暉峻義等と健社建 医療図書出版社 1973.10

翻訳[編集]

  • 生理学上より観たる労働者問題 フレデリツク・エス・リー 大鐙閣 1920
  • 産業能率の研究 フレデリック・エス・リー 同人社書店 1926 (労働科学研究叢書)
  • 血液循環の原理 ハァヴェイ 岩波文庫 1936 のち「動物の心臓ならびに血液の運動に関する解剖学的研究」

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中山いづみ「大原社会問題研究所と労働科学の誕生 (PDF) 」 、『大原社会問題研究所雑誌』第591号、2008年2月、 p.p.4-9、2010年6月1日閲覧。
  2. ^ 三浦豊彦『暉峻義等』p.9。