暉峻淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

暉峻 淑子(てるおか いつこ、1928年2月5日 - )は、日本の経済学者評論家埼玉大学名誉教授。農業経済学暉峻衆三の妻。

略歴[編集]

大阪出身。繊維学者の家庭の次女に生まれる。日本女子大学文学部卒業後、東京大学東畑精一研究室に勤務しつつ法政大学大学院に学び、同博士課程満期退学。1955年、東畑精一研究室で知り合った暉峻衆三と結婚。1991年「豊かさとは何か」で経済学博士鶴見女子大学助教授、教授、1977年埼玉大学教授、1991年定年退官、名誉教授、日本女子大学教授、1998年退職。この間、ベルリン自由大学客員教授、ウィーン大学客員教授。

左派の立場からマスコミで資本制批判、家永三郎教科書裁判支援などで発言してきた。

長男の暉峻創三映画評論家で、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』で謎の学生「テルオカ君」役を演じた。二男の暉峻僚三はNGO「国際市民ネットワーク」事業統括者。

著書[編集]

  • 『生活経済論』時潮社 1980
  • 『サンタクロースってほんとにいるの?』福音館書店 かがくのとも傑作集 1982
  • 『ゆとりの経済』東洋経済新報社 1985
  • 『豊かさとは何か』1989 岩波新書
  • 『経済優先社会 このままではいけない』労働旬報社 メッセージ21 1992
  • 『教科書検定 私の体験』日高六郎編 アドバンテージサーバー ブックレット生きる 1994
  • 『ほんとうの豊かさとは 生活者の社会へ』1995 岩波ブックレット
  • 『豊かさへのアプローチ』愛知県教育サービスセンター編 第一法規出版東海支社 県民大学叢書 1995
  • 『サンタクロースを探し求めて グーテンベルクの森』岩波書店 2003
  • 『豊かさの条件』2003 岩波新書
  • 『格差社会をこえて』2005 岩波ブックレット
  • 『豊かさへもうひとつの道』かもがわ出版 2008 
  • 『助けあう豊かさ』フォーラム・A 2011
  • 『社会人の生き方』2012 岩波新書
  • 『対話する社会へ』岩波新書、2017年

共編著[編集]

  • 『公共サービスと国民生活 暮らしからみた医療・老齢福祉・情報サービス』編著 産業統計研究社 1983
  • 『調査と人権』広田伊蘇夫共編 現代書館 1987
  • 『世界に通用しない教科書検定 家永教科書裁判第三次訴訟』加藤周一と証言 教科書検定訴訟を支援する全国連絡会 1992 教科書裁判ブックレット
  • 『日本の文化と「豊かさ」を語る メッセージ』倉本聡共著 平和・民主主義・革新統一をすすめる全国懇話会編 平和・民主主義・革新統一をすすめる全国懇話会 1992
  • 『豊かさへの接近 生活の立場から』編著 産業統計研究社 1993
  • 『なぜ教科書裁判をたたかったのか ドキュメント戦後史』家永三郎共著 1994 岩波ブックレット
  • 『教育基本法の「見直し」に反論する』永井憲一共編著 2002 かもがわブックレット
  • 『未来の日本へ、未来の福祉へ ゆたかさという対岸への船出のために』福井典子中沢正夫,二宮厚美共著 萌文社 2003
  • 『がん予備軍のあなたへ がんを知り、がんと向き合う』金子安比古,樋野興夫共著 かもがわ出版 2010
  • 『不安社会を変える 希望はつながる市民力』宇都宮健児,阿部彩,篠藤明徳共著 かもがわ出版 2013

参考[編集]