暉峻創三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てるおか そうぞう
暉峻 創三
生年月日 1961年
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
職業 映画批評家映画監督脚本家
ジャンル 映画
テンプレートを表示

暉峻 創三(てるおか そうぞう、1961年[1] - )は、日本映画批評家映画監督脚本家である[注 1]

経歴[編集]

1961年、暉峻衆三暉峻淑子のあいだに長男として生まれる[3]。1983年、監督作品『革命前夜』が第6回ぴあフィルムフェスティバル入選を果たす[4][注 2]。2002年、東京国際映画祭「アジアの風」部門の選定プロデューサーに任命される[6]。2009年より大阪アジアン映画祭のプログラミング・ディレクターを務める[7]

フィルモグラフィー[編集]

  • 革命前夜(1982年) - 監督、脚本
  • ブラームスを愛する(1984年) - 監督
  • ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985年) - 出演
  • ホテトル天使 恥辱の罠(1988年) - 脚本

ビブリオグラフィー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高橋洋によれば、暉峻は「フレッド・タンを日本に紹介した人物」である[2]
  2. ^ 万田邦敏は『革命前夜』を自主映画製作集団位相機械ユニットの代表作だと位置づけている[5]

出典[編集]

外部リンク[編集]