春木南湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春木南湖(はるき なんこ、宝暦9年(1759年) - 天保10年4月25日1839年6月6日))は、江戸時代中期から後期に活躍した文人画家である。

本姓は結城氏。は鯤、を子魚、通称は門彌。号は南湖の他に幽石斎、烟霞釣叟、呑墨翁など。江戸生まれ。

(左)渓山急雨図             (右)雪斎公肖像

略歴[編集]

伊勢長島藩増山雪斎に仕え、画業は大坂木村蒹葭堂に師事したらしく『蒹葭堂日記』にその名が見える。天明8年(1788年)には雪斎の命を受け長崎に遊学。清人の張秋穀費晴湖から直接彩色などの画法を受ける。このとき紀行文『西遊日簿』は木村蒹葭堂の元を出立するところから始まり、備前浦上玉堂を訪ね、同じく長崎を目指す司馬江漢と道連れとなったことなどが記載されている。壮年期になって4歳年下の谷文晁の門下となり、山水画花鳥画を得意とした。また詩文にも巧みで小不朽吟社の一員であった。老後は江戸の書画会尚歯会の常連となり、当時「南湖、文晁を併せて天下の二老と称す」と称されるほどの名声を得ていた。享年82。浅草幡随院の智白院に葬られたが後年多磨霊園に移葬される。

長男の南溟、次男西湖、孫の南華・曽孫は南渓・玄孫南江もそれぞれ画家として活躍した。また門下に金井烏洲金井毛山長谷川嵐渓相沢石湖斎藤墨湖佐藤正持などがいる。

春木南湖画系図[編集]

春木南湖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春木南溟
 
春木西湖
 
金井烏洲
 
長谷川嵐渓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春木南華
 
端館紫川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春木南渓
 
春木南峰
 
大沢南芳
 
 
 
春木南江


出典[編集]