春木西湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春木 西湖(はるき せいこ、生年不詳 - 嘉永6年(1853年))は、江戸時代後期の南画家。春木南湖の次男。春木南溟は実兄。

は秀定、は其雲、西湖・雲外農夫とした。江戸の生まれ。

「文人寄書」市河米庵谷文晁らとの席画大英博物館に収蔵されている。[1]

参考文献[編集]