明石元秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
明石 元秀
あかし もとひで
生年月日 (1950-10-17) 1950年10月17日(68歳)
出生地 兵庫県赤穂市
出身校 桃山学院大学経済学部
前職 赤穂市副市長
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2015年1月27日 - 現職
テンプレートを表示

明石 元秀(あかし もとひで、1950年10月17日 - )は、日本政治家兵庫県赤穂市長(1期)。

来歴[編集]

兵庫県赤穂市出身。兵庫県立赤穂高等学校卒業[1]。1973年(昭和48年)3月、桃山学院大学経済学部卒業。同年4月、赤穂市役所に入庁。2004年(平成16年)4月、教育次長に就任。2005年(平成17年)4月、安全管理監に就任。2007年(平成19年)4月、赤穂市副市長に就任。2014年(平成26年)9月、副市長を退任[2]

2015年(平成27年)1月18日に行われた赤穂市長選挙に無所属で出馬。元兵庫県職員の牟礼正稔、元会社経営者の矢野英樹ら2候補らとの激戦を制し初当選した[3]。1月27日、市長就任[4]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:40,501人 最終投票率:61.00%(前回比:9.87ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
明石元秀64無所属9,061票36.99%
牟礼正稔60無所属8,858票36.16%
矢野英樹44無所属6,579票26.85%

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
豆田正明
Flag of Ako, Hyogo.svg 兵庫県赤穂市長
2015年 -
次代:
(現職)