明智孫十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
明智孫十郎
時代 安土桃山時代
生誕 永禄8年(1565年
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
改名 直経
戒名 心源院殿涼月當淸居士
墓所 岐阜県山県市高富の神明神社
主君 明智光秀
氏族 恩田氏明智氏
父母 父:恩田与三衛門

明智 孫十郎(あけち まごじゅうろう)は、安土桃山時代武将明智光秀の義弟と言うが、続柄は不明。諱は直経

略歴[編集]

大村由己の『天正記』『惟任退治記』に名前が見え、本能寺の変二条御新造での戦いで織田信忠に討ち取られて戦死したとされる3人の明智方武将の1人。

岐阜県山県市高富の神明神社には、「明智孫十郎の墓」なるものがあり、墓碑には父母と本人、妻の戒名が刻まれる。それによれば、一部読み取れない部分があるが、一族は美濃国守護土岐氏の家臣で、佐藤石見守公輝の子・恩田右馬允を祖とするというので、美濃佐藤氏とは同族ということになる。また本人はその四代後の恩田与三衛門の子で、恩田孫十郎といい、明智孫十郎直経を名乗ったとある。明智光秀の与力として扶持は亀山1万2,000石だったと云う。享年18。

出典[編集]