新生デイリーバンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新生デイリーバンク(しんせいデイリーバンク)は、かつてデイリーヤマザキ近畿日本鉄道の駅、ショッピングセンターなどに設置されていた新生銀行が管理するATMである。

概要[編集]

2008年に入り、新生銀行セブン銀行の業務提携の締結により、店舗外の新生銀行ATMについてはセブン銀行ATMに置き換えられることが発表されている[1]2011年には、一部フィナンシャルセンターのATMについても、自行とセブン銀行の併設を行うことを明らかにしている[2]

現在、デイリーヤマザキ内設置分はイーネット東京スター銀行ゆうちょ銀行のいずれか、仙台三越や近鉄駅構内などはセブン銀行に置き換わっている。

入出金[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新生銀行とセブン銀行による共同ATMコーナーの設置 (PDF) 株式会社新生銀行 株式会社セブン銀行 平成20年9月18日
  2. ^ 新生銀行とセブン銀行がATMの共同設置を拡大 (PDF) 株式会社新生銀行 株式会社セブン銀行 平成23年3月28日