新屋山神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新屋山神社
Arayayamashrine.jpg
冬の新屋山神社
所在地 山梨県富士吉田市新屋字山神河原1230
位置 北緯35度28分0.3秒 東経138度47分50.3秒 / 北緯35.466750度 東経138.797306度 / 35.466750; 138.797306座標: 北緯35度28分0.3秒 東経138度47分50.3秒 / 北緯35.466750度 東経138.797306度 / 35.466750; 138.797306
主祭神 大山祗命
社格県社
創建 (伝)天文3年(1534年
例祭 10月17日
テンプレートを表示

新屋山神社(あらややまじんじゃ)は、山梨県富士吉田市にある神社旧社格県社天文3年(1534年)の創建。

地元で「ヤマノカミサマ」と呼ばれて親しまれており、昔から山の神、産業の神として信仰されてきた。富士山2合目に奥宮がある。


祭神[編集]

本宮[編集]

昭和9年本殿を再建し、末社、浅間社、大神社を合祀。昭和48年に拝殿を造営。本宮の周囲には、末社、稲荷社、小御岳社が位置する。 夫婦木、御神石(お伺い石)がある。御神石は、神様に願いが叶うか否かお伺いをたてる石で、持ち上げて軽く感じるようだと願いが叶うといわれている。

奥社[編集]

富士山2合目へだの辻(標高約1,700m)に鎮座する。 環状列石がある。神社に行く林道は、降雪のある冬季は通行止めとなる。

例祭[編集]

本宮 1月17日、10月17日  奥宮10月16日

外部リンク[編集]