新井克昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 克昌(あらい かつまさ、1936年8月2日 - )は、群馬県出身の小説家日本文藝家協会会員。

人物[編集]

浪曲師出身の人気コメディアン玉川良一の甥。娘は声優ナレーター景山聖子

1951年日本シナリオ作家協会・第1期研究生修了。1962年高崎経済大学経済学部卒業。商業ビデオの制作、脚本等を手がけたのち著作活動に。

2007年12月、『日本列島放棄』(文藝春秋)を発表。翌月の週刊新潮に「圧倒的リアリティーで迫る日本崩壊のシナリオ…」と推薦小説として取り上げられた。装丁は宮部みゆき『楽園』も手がけた鈴木正道。

2010年6月、『百年の封印』(文藝春秋)を発表。

主著[編集]

  • 太陽とスコールの中で
  • 「コラムとエッセイ」シリーズ
  • 孤絶の癒し ※群馬県文学賞・小説部門大賞受賞
  • 黒い絵 ※月刊文藝春秋の「2004年上半期・心に残った小説ベスト5」に選出
  • 日本列島放棄(2007年12月、文藝春秋
  • 百年の封印(2010年6月、文藝春秋

外部リンク[編集]