新丸ノ内ビルヂング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2011年2月
新丸ノ内ビルヂング
Gthumb.svg
情報
用途 オフィスビル
設計者 三菱地所
施工 清水建設
建築主 三菱地所
管理運営 三菱地所
構造形式 SRC
敷地面積 10,000 m²
※概算
延床面積 65,488 m² (容積率655%)
階数 地上8階、地下2階(一部地下1階)
着工 1937年昭和12年)6月28日(基礎)
1951年(昭和26年)3月(本体)
竣工 1952年(昭和27年)11月18日
改築 2004年平成16年)解体
所在地 100-0005
東京都千代田区丸の内1-5-1
座標 北緯35度40分57.18秒 東経139度45分51.74秒 / 北緯35.6825500度 東経139.7643722度 / 35.6825500; 139.7643722座標: 北緯35度40分57.18秒 東経139度45分51.74秒 / 北緯35.6825500度 東経139.7643722度 / 35.6825500; 139.7643722
テンプレートを表示

新丸ノ内ビルヂング(しんまるのうちビルヂング)とは、かつて東京都千代田区丸の内1丁目に存在した8階建ての商用ビルディングである。2004年に取り壊され、跡地に「新丸の内ビルディング」が建設された。

概要[編集]

同じ三菱によって手がけられた丸ノ内ビルヂングとは行幸通りを挟んだ向かい側に、東京館という名称で1937年昭和12年)6月28日)に着工された。

1938年(昭和13年)12月に、基礎工事が完了した段階で日中戦争による臨時資金調整法鉄鋼工作物築造許可規則の施行により、自主的に工事を中止した。

完成していた基礎部分は戦時中は防火用貯水池として、戦後まもなくはプールや復興用資材の貯木場となっていた。

1950年代に入り、朝鮮戦争特需によるオフィスビルの需要が急増し、三菱地所によって当ビルが建設されることになり、1951年(昭和26年)3月に着工、1952年(昭和27年)11月18日に竣工した。 建設に当たっては家賃とは別にテナントから建築費総額の約75%の借入を行った。また、建築資材に関しては、東日本重工業(現・三菱重工業)が造船名目で調達、セメントは供給に余裕のあった磐城セメント(現・住友大阪セメント)のものが用いられた。

建物は地上8階、地下2階(一部地下1階)で、当初は内部にテナント向けホールがあったが、後に貸会議室となった。

丸ノ内ビルヂング同様、オフィスビルの低層階をショッピングモールとして一般に開放していた。

1995年に三菱地所は、建築基準法および都市計画法特定容積率適用区域を活用し、東京駅丸ノ内口駅舎の未利用容積率を移転させることで当ビルの高層化を行うことを発表し、2004年(平成16年)に解体され、当地には新丸の内ビルディングが建設され、2007年(平成19年)4月19日に竣工した。

解体時に当ビルから取り外された窓ガラスは手吹きガラスに質感が近いことから、三菱一号館の窓ガラスとして再利用されている。

参考文献[編集]

  • ニュースリリース 「新丸ノ内ビルヂング建替計画について」 三菱地所、2003年(平成15年)12月8日。2011年5月29日閲覧。
  • 三菱地所株式会社社史編纂室編 『丸の内百年のあゆみ』上巻、下巻、資料・年表・索引 三菱地所、1993年(平成5年)

関連項目[編集]