摂津市立味舌小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
摂津市立味舌小学校
Settsu City Mashita elementary school.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 摂津市
併合学校 (旧)摂津市立味舌小学校
摂津市立味舌東小学校
設立年月日 1874年7月4日
(2008年4月1日)
共学・別学 男女共学
所在地 566-0022
大阪府摂津市三島2丁目13-38
北緯34度46分37秒東経135度33分22.9秒
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

摂津市立味舌小学校(せっつしりつ ました しょうがっこう)は、大阪府摂津市にある公立小学校

明治時代初期に設置された小学校を起源とする。2008年に旧味舌小学校と旧味舌東小学校が統合した。統合後の校舎は旧味舌東小学校校舎を使用している。学校のウェブサイトでは、旧味舌小学校開設時の1874年を創立としている。

沿革[編集]

1874年に当時の島下郡味舌村慶徳寺に、第三大学区第四中学区島下郡第四小区二番小学校(味舌小学校)が開校した。その後統廃合を経て、1887年には味舌尋常小学校となっている。尋常科のみを設置し、高等科の児童は近隣の町村合同で設置された養精高等小学校(現茨木市立養精中学校の場所にあった)へ通学した。

1915年には現在の味舌スポーツセンターの地(のち摂津市正雀1丁目1番1号)へと移転し、2008年まで同地で教育活動をおこなった。1936年4月15日に校舎が完成し、この日を創立記念日と位置づけている。

味舌国民学校の名称を経て、1947年の学制改革により味舌村立味舌小学校となった。味舌町の町制施行(1950年)、合併による三島町の発足(1956年)、摂津市の市制施行(1966年)により、それぞれ名称を変更している。

1950年代以降地域の人口の増加により、味舌町立千里丘小学校(1950年)、摂津市立摂津小学校(1968年)、摂津市立別府小学校(1973年)がそれぞれ分離開校している。

1974年には味舌小学校の校区を分割し、現味舌小学校敷地に摂津市立味舌東小学校を新設した。しかし児童数の減少により統廃合が具体化し、2008年に味舌・味舌東の両小学校が統合し、現在地(旧味舌東小学校敷地)に摂津市立味舌小学校を設置した。

年表[編集]

統廃合後の利用[編集]

元の味舌小学校の跡地は2008年の統廃合以来味舌スポーツセンターとして、体育館やグラウンドでのスポーツなどに利用されている。また、摂津市の農業振興会が毎年春に植木即売会を開催しており、花や鉢植えなど約一万点が並ぶ。他に災害時に4686人を収容できる一時避難場所に指定されている。

通学区域[編集]

  • 摂津市 三島1-2丁目、正雀1-4丁目、正雀本町1-2丁目、庄屋1丁目(一部)、阪急正雀、千里丘東5丁目(一部)、浜町(一部)
卒業生は摂津市立第一中学校に進学する。

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 摂津市立味舌小学校 『百三十年のあゆみ』。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]