手足浴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

手足浴(てあしよく)は、風呂入浴法の一つ。身体の一部分をつける部分浴の一種。だけを浴槽につけ入浴する方法。

概要[編集]

従来、医療施設や家庭で行われていたものだが、専用の入浴装置が販売されるようになり、リラクゼーション施設、エステティックサロン針灸・マッサージ院などでも用いられるようになった。業務用として行われているものは、浴剤に特長を持たせているものが多く、各種入浴剤漢方薬アロマオイル炭酸泉などを用いている。

入浴による温熱療法としての効果は、全身浴に対して身体に掛かる負荷が比較的少ないとされ、その点において全身浴よりも健康面でよいとされる。

関連項目[編集]