成川揆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

成川 揆(なるかわ はかる、安政6年10月20日1859年11月14日) - 大正8年(1919年1月26日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将[1]

人物[編集]

江戸出身。海軍大学校卒。明治38年(1905年日露戦争における日本海海戦時は仮装巡洋艦信濃丸」の艦長だったが、哨戒中の五島列島付近でロシア海軍のバルチック艦隊を発見した。その際に打電した「敵艦隊見ゆ」の一文は有名である。翌明治39年(1906年少将となる。

官歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『帝国海軍将官総覧』 太平洋戦争研究所 p209
  2. ^ 届の部 兵学寮届 新生徒永嶺光篤外52名入寮差許件, レファレンスコード C09111064700, アジア歴史資料センター
  3. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日。
  4. ^ 『官報』第3535号「叙任及辞令」1895年4月16日。
  5. ^ 『官報』第6423号「敍任及辞令」1904年11月26日。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』(講談社2001年
  • 『帝国海軍将官総覧』(太平洋戦争研究所、2002年