慶元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

慶元(けいげん)は、南宋寧宗趙拡の治世に行われた最初の元号。1195年 - 1200年。

  • 紹熙5年閏10月25日、即位により翌年から踰年改元の詔が下る。
  • 元年、宰相趙汝愚韓侂冑により知福州に落とされ、次いで永州に左遷される。
  • 2年、趙汝愚、衡州にて死去。
  • 3年、趙汝愚・留正・周必大・朱熹ら59人が逆党のリストに載せられ、官につくことが禁じられる。
  • 4年、「偽学の禁」の詔勅がでて、朱熹ら程頤の流れを汲む道学は偽学として禁じられた。
  • 5年、統天暦が施行される。
  • 6年、朱熹死去。12月11日、翌年より「嘉泰」と踰年改元の詔が下る。

西暦などとの対照表[編集]

慶元 元年 2年 3年 4年 5年 6年
西暦 1195年 1196年 1197年 1198年 1199年 1200年
干支 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申
明昌6 承安 承安2 承安3 承安4 承安5
西夏 天慶2 天慶3 天慶4 天慶5 天慶6 天慶7

関連項目[編集]


前の元号:
紹熙
中国の元号
南宋
次の元号:
嘉泰