建隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建隆(けんりゅう)は、北宋の太祖趙匡胤の治世に行われた、宋朝最初の元号。960年 - 963年。。

  • 元年正月辛丑朔(1日) : 新年祝賀のおり、北漢が兵を合わせて侵攻との報が入り、朝は殿前都点検の趙匡胤を派兵。
  • 元年正月甲辰(4日) : 陳橋の変。趙匡胤、開封に戻り、後周の恭帝から禅譲を受けて皇帝に即位。
  • 元年乙巳(5日) : 国号をとし、建隆と建元。
  • 2年 : 杯酒釈兵権
  • 4年2月 : 荊南が宋に降る。
  • 4年4月 : 建隆応天暦が施行される。
  • 4年11月 : 乾徳と改元。

西暦等との対照表[編集]

建隆 元年 2年 3年 4年
西暦 960年 961年 962年 963年
干支 庚申 辛酉 壬戌 癸亥
応暦10 応暦11 応暦12 応暦13

峻豊[編集]

高麗光宗が峻豊なる年号を建てたとする説は誤りで、峻豊は建隆の避諱にすぎない。建隆の建は太祖王建の建を避けて峻とし、隆は世祖王隆建の隆を避けて豊としたものである。

関連項目[編集]


前の元号:
顕徳後周
中国の元号
北宋
次の元号:
乾徳