愛の終り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛の終り
ザ・テンプターズシングル
B面 青春の叫び
リリース
ジャンル グループ・サウンズ
時間
レーベル フィリップス・レコード/
日本ビクター
作詞・作曲 松崎由治
チャート最高順位
ザ・テンプターズ シングル 年表
エブリバディ・ニーズ・サムバディ
1969年
愛の終り
(1969年)
復活
1970年
テンプレートを表示

愛の終り」(あいのおわり)は1969年12月にザ・テンプターズがリリースした9枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 前作「エブリバディ・ニーズ・サムバディ」と同様に、両面とも「ザ・テンプターズ・イン・メンフィス」からのシングル・カット。
  • 前作同様に、ザ・テンプターズと併せて 唄)萩原健一 とクレジットされている。
  • ザ・テンプターズのシングルとしては、一番演奏時間が長い。
  • 前作のリリースから1ヵ月も経っていない内の発売であったため、オリコン・チャートには入っていない。

収録曲[編集]

  1. 愛の終り【The end of love】(4分10秒)ソロ:萩原健一
  2. 青春の叫び【Shout of young blood】(3分24秒)ソロ:萩原健一

関連項目[編集]