愛という名の疑惑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛という名の疑惑
Final Analysis
監督 フィル・ジョアノー英語版
脚本 ウェズリー・ストリック
原案 ロバート・バーガー
ウェズリー・ストリック
製作 ポール・ユンガー・ウィット英語版
チャールズ・ローヴェン
トニー・トーマス英語版
製作総指揮 リチャード・ギア
マギー・ワイルド
出演者 リチャード・ギア
キム・ベイシンガー
ユマ・サーマン
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ジョーダン・クローネンウェス
編集 トム・ノーブル
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
ウィット/トーマス・プロダクションズ
ローヴェン=キャヴァロ・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年2月7日
日本の旗 1992年9月5日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $28,590,665[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

愛という名の疑惑』(あいというなのぎわく、Final Analysis)は、1992年アメリカ合衆国サスペンス映画精神科医が患者と関係者との事件に巻き込まれるさまを描いている。リチャード・ギアが主演と製作総指揮を兼任。 リチャード・ギアキム・ベイシンガーは『ノー・マーシィ/非情の愛』に続けて二度目の共演となる。

ストーリー[編集]

サンフランシスコで精神科医をしているアイザックは、悪夢にさいなまされる患者ダイアナを通じて彼女の姉ヘザーとも知り合い、深い仲になる。 ヘザーは少量の酒で暴力をふるい、しかもその時の記憶が残らないという精神的な問題を抱えていた。 ある時、ヘザーは夫を殺害した容疑で逮捕されるが、アイザックはヘザーが酩酊状態にあったことを証明して、彼女の無罪を勝ち取るのを助ける。 だが、ダイアナの夢がフロイトの論文から引用である事が判明したことがきっかけで、ヘザーが夫に多額の保険金をかけておりダイアナもその犯罪の片棒を担いでいたことが分かる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版[編集]

  • プロデューサー:小川政弘、貴島久祐子
  • 翻訳:中島多恵子
  • 演出:中野寛次
  • 録音:熊倉亨
  • 製作:東北新社

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Final Analysis (1992)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]